白本・黒本 あいついで “参” が発刊! そしてPodcast「高城未来ラジオ」がスタート! やっぱり高城剛から目が離せない!!

いつも僕たちに刺激を与えてくれる高城剛氏。

そんな高城氏のセルフパブリッシング(自己出版)本、「白本」と「黒本」の新刊、“参” が約1年半ぶりにリリースされた。

さらに新たなメディア、「高城未来ラジオ」がPodcastでスタートしてるぞ。

スポンサーリンク

白本


「白本」は高城氏のメールマガジン、「高城未来研究所『Future Report』」のQ&Aコーナーを再編集したもの。
僕も、このQ&Aコーナーを楽しみに「Future Report」を購読しているといってイイだろう。

毎週、20近い質問に答えているので、それをすべて見直すのは至難の技だ。
購読している僕にとっても、主要な質問を編集してくれて、まとめて読み直せるのはうれしい。
さらに、「Future Report」では答えられなかった新たな質問にも、答えられているぞ。

なお、白本はKindle Unlimitedに加入していれば無料で読むことができる。
まぁ、280円なので、僕は購入したけど…

黒本


「黒本」も「白本」と同じく、「Future Report」のQ&Aコーナーを再編集したもの。

ただしこちらは、“黒” というだけあって、大手出版社からは出せないような日本マスコミの、国家の(?)裏の部分に切り込んだ内容が中心だ。
こういう本が出版できるのも、Kindleというデジタルメディアができて、セルフパブリッシングの障壁が下がったおかげだね。

「黒本」もKindle Unlimitedに加入していれば無料で読むことが可能だ。

高城未来ラジオ

takashiro-mirai-radio

「高城未来ラジオ」は、「Future Report」のサウンドプロジェクト。

以前にも高城氏は、FMの放送休止時間を使ってラジオ放送をやっていた。
わざわざ深夜の放送休止時間を使っていたのは、スポンサーなどのシガラミを回避するためだ。
高城氏もよく言っているように、テレビはもちろん、ラジオや出版物を含めた日本の放送業界・マスコミは、一部の既得権益と国家に支配されているからね…

今回、Podcastになったおかげで、深夜放送なので聴けなかった人も、いつでもどこでもスマートフォンなどで聴くことができるぞ。

第1回は、今話題の築地移転問題。
この事件(?)も、僕たちには見えない裏側で、何かが蠢いているようだ。

なお「高城未来ラジオ」は不定期配信なので、聞き逃さないためにPodcastアプリなどに登録しておこう。

takashiro-mirai-radio第1回 築地移転の真実-原田勝さん(大力商店)前編 – 高城未来研究所

まとめ

名著「LIFE PACKING」シリーズで高城氏を知った人も少なくないだろう。
でも高城氏の持ち物だけではなく、言動や思想にも目を向けてみると、なぜそれを選んだのかという背景も想像できて、さらに「LIFE PACKING」が深く見えてくるような気がするのは、僕だけではないんじゃないかな。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ