iPhoneでのテザリングはBluetoothがオススメ! その理由と接続の方法


コンビニやカフェなどの飲食店、最近はショッピングセンターや家電量販店、自動車用品店など郊外でもフリーWi-Fiが使えるところが増えた。
おかげでMacBook AirやiPad miniを外出先で使う時も、通信で困ることは少なくなった。

それでもフリーWi-Fiがない場所でMacBook AirやiPad miniを使いたい時や、フリーWi-Fiが使える場所でも個人情報などを扱いたい時は、iPhoneのテザリングを使う。

iPhoneのテザリングには、Wi-Fi・Bluetooth・USBで接続する3つの方法がある。
僕は主にBluetoothを使ってテザリングしている。

スポンサーリンク

Bluetoothでテザリングする3つの理由

  1. バッテリーの消費量が少ない。
    Bluetooth接続はWi-Fiよりバッテリーの消費量が少ない。
    特に4.0以降は、Bluetoothを起動していても、接続されていなければほとんど電力を消費しない。
    モバイル環境において、バッテリーの節約は重要だ。
  2. 受信側の操作だけで接続できる。
    ペアリング済みであれば、iPhoneの[インターネット共有]とBluetoothをオンにしておけば、受信側のMacBook AirやiPad miniの操作だけでインタネットに接続できる。
    iPhoneをポケットやバッグに入れた状態でも、ネット接続のオン・オフが可能だ。
  3. 常時接続状態も可能
    iPhone側のバッテリー消費が少ないので、常時接続も不可能ではない。
    接続状態であればiPhoneと受信側(MacBook AirやiPadなど)の両方ロック状態になっても接続が切れることはない。
    メールやLINEをプッシュ通知を受けることもできる。

iPhoneをBluetooth接続でテザリングする方法

MacBook Airの場合

iPhoneの[設定]>[インターネット共有]から[インターネット共有]をオン

同じく[設定]>[Bluetooth]から[Bluetooth]をオン

MacBook Airの[設定]から[Bluetooth]を開く。

BluetoothをオンにするとiPhoneを認識するので、[ペアリング]をタップ。

コードが表示される。

iPhoneにも同じコードが表示されているのを確認して[ペアリング]をタップ。

MacBook Airの設定を閉じ、メニューバーのBluetoothからiPhoneを選択し[ネットワークへ接続]をクリック。

iPhoneのステータスバーが青くなって、“インターネット共有:○台接続中” と表示されれば、Bluetoothでテザリングされている。

iPhoneやMacBook Airの[設定]>[Bluetooth]からは、“ネットワークが利用でできません” などのアラートが出て接続できない。
iPhoneの[Bluetooth]と[インターネット共有]がオンになった状態で、必ずMacBook Airのメニューバーから[ネットワークへ接続]をオンにして接続する。

iPadの場合

iPhone側の作業はMacBook Airの場合と同じ。

iPadの[設定]>[Bluetooth]から[Bluetooth]をオンにすると、iPhoneを認識するのでタップ。

iPhoneとiPad、両方に[Bluetoothペアリングの要求]が表示されるので、両方とも[ペアリング]をタップすれば接続される。

まとめ

Bluetoothでテザリングする唯一の欠点は、通信速度の遅さだ。
通信速度は、やはりWi-Fi接続のほうが早い。
しかしメールやSNSなどテキストの送受信くらいであれば、ストレスを感じることはないはずだ。
画像や動画など大きなデータのやり取りはWi-Fi接続、通常はBluetooth接続というふうに、使用シーンに合わせて使い分ければ良いだろう。

スポンサーリンク