誰か造ってくれ! こんなツールナイフが欲しい

ToolKnife
僕はふだん、VICTORINOXのブレードレスをキーリングに着けて持ち歩いている。
ちょっとした時にとても便利なんだけど、100%満足しているわけでわない。
http://re-cyberrat.info/post-4669

スポンサーリンク

VICTORINOX ブレードレス

ToolKnife_a
小さなハサミと、プラスドライバー・ワイヤーストリッパー(?)・栓抜きがセットになったブレードだけの、コンパクトなツールナイフ。

名前のとおりナイフブレードがないので、日本国内で軽犯罪法に問われることはない(はず…)。
ただし、飛行機内への持ち込みはできないことが多いようなので注意。

ハサミの方はとても役立ってるんだけど、プラスドライバーは年に1度か2度、サングラスのビスを締め直すくらいだ。
栓抜きなんて、1度も使ったことがない。

それでもないと不便なんだけどね…

SEK 栓抜き型ツールキーホルダー KTH-3

ToolKnife_b
高城剛氏が著書「LIFE PACKING」の中で、機内持ち込み可能ツールとして紹介しているアイテム。

小さなボディーに、プルタブオープナー、栓抜き、缶のフタ開け、+・−ドライバー、コイン回しの6つの機能が集約されている。

一見、チャチな造りに見えるが、製作は兵庫県三木市に本社をおくスエカゲツール株式会社。
本体にも刻印があるPro-Autoは、スエカゲツールの自動車用作業工具のブランドだ。
だから、見かけによらず頑丈で使い勝手も良い。

刃物を使っていないので、飛行機内にも持ち込み可能だ(たぶん…)。
でもやっぱり、ハサミくらいは欲しいな…

こんなのが欲しい

ToolKnife_c
ハサミも刃渡りが小さく、先が丸い化粧用のものは、飛行機内持ち込み可能だ。

VICTORINOXのハサミは、刃先が尖り気味なので丸くして欲しい。
やっぱりハサミはあった方が便利だからね。

ToolKnife_d
VICTORINOXのブレードレスは、どういうわけかプラスドライバーを採用したんだけど(栓抜きを優先したのかな…)、マイナスドライバーの方が使用範囲が広いんじゃないかな。
缶のフタなんかをこじ開けたり、ステープラー(ホチキス)を外したり…

理想形は、刃先の丸いハサミ、プラスドライバー+栓抜き、マイナスドライバー+ヤスリの三枚ブレード。
グリップ部分も、いかにもナイフといったデザインじゃなく、ツールっぽい文房具っぽいデザインにしておけば、空港のゲートで引っかかることも少なくなるだろうし…

誰かこんなツールナイフ(?)造ってくれんかな…

まとめ

刃物に対する取り締まりが強くなることは、個人的には賛成だ。
でも日常生活はもちろん、出先旅先で刃物やツールが必要な場面は意外と多い。

グローバルな視点で、現在の状況とニーズに見合ったツールは、今後必要になってくるんじゃないかと思う。

VICTORINOXで造ってくれたらイイんだけど…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ