ユニクロのフリースを買ったので、コーディネートを考えてみる

UNIQLO_Fleeceユニクロのフリースを買った。
以前から気にはなっていたんだけど、タイミングが合わず買い逃していたものだ。

去年(2014年)、ユニクロのフリースは発売20周年だったという。
本格的にブレイクしたのがユニクロ原宿店オープンの1998年だから、15年以上売れていることになる。
同一衣料品で、近年これほど長期にわたって売れ続けているモノってないんじゃないかな…

というわけで、遅ればせながら僕も買ってみることにした。
期間限定で安くなってたしね…

スポンサーリンク

ユニクロ フリースフルジップジャケット

僕が買ったのはフルジップタイプ。
両脇にジッパー付きのハンドポケットがあり、フロントにジップで温度調整もできる。

太陽光を熱に変え、蓄熱保温機能を持つ特殊糸を採用している(らしい…)。
ということは、やっぱりアウター用なのかな…

ユニクロ フリースジャケット コーディネート

ユニクロで一番気になるのが、街でのバッテングだ。
それだけ売れているので致し方ないところではあるが、そこはコーディネートでカバーしてみよう。

まずはチェックシャツとの組み合わせの、定番コーディネート。
UNIQLO_Fleece_a
街で一番見かけるパターンじゃないかな。

ここでのポイントは、フリースと同系色を持ってくることと、シャツの丈の長さ。
同系色のシャツを使うことで落ち着いて見えるし、シャツの裾を微妙に出す(ここ重要!)ことで、ありがちなパターンながらワンランク上のコーディネートを狙える。

次はユニクロのジップアップブルゾンとの、同ブランドコーディネート。
UNIQLO_Fleece_b
フリースは本来インナーとして、ウインドブレーカーやマウンテンパーカーの下に着るものだ。
そういう意味では、これも定番のコーディネートといってイイんじゃないかな。

フリースは暖かいんだけど、風を通すのが欠点だ。
これをウインドブレーカーでカバーすれば、立派な防寒着として機能する。

旅行や出張などでも、フリースとジップアップブルゾンをスーツケースに詰めておけば、急な寒さにも対応できる。
気温に合わせて別々にも着られるし、何よりも両方とも軽いのがイイね。
http://re-cyberrat.info/uniqlo_zipupjacket

最後はアウトドアコーディネート。
UNIQLO_Fleece_c
本来アウトドアウェアのフリースは他のアウトドアウェアとも、当然相性が良い。
特にダウンベストとは、もっともオーソドックスな組み合わせのひとつだ。

ユニクロのダウンベストもあるけど、ここは別のブランドを選びたい。
アウトドアブランドのダウンベストなら、フリースがユニクロだなんて誰も思わないぞ(たぶん…)。
http://re-cyberrat.info/downvest

まとめ

街着としてはもちろん、部屋着としても最高だ。
軽いし温かい。
何よりも安いしね!
通常は2.490円(税抜)だけど、キャンペーンで半額くらいで買えることもある。

それにしても相変わらず、黒いな…
http://re-cyberrat.info/post-4180


こちらの投稿もいかがですか

世界一の品質! ユニクロのポロシャツを買った
先日、夏用にユニクロのドライリブカラーTシャツを5枚買った。 それ以降、この5枚のTシャツで過ごしている。 昼間、仕事の時はもちろん...
http://re-cyberrat.info/uniqlo_semiorder_shirt

スポンサーリンク
関連するコンテンツ