【iPhone裏技】専用アプリを使って、VPN Gateに接続する方法

VPN Gate最近は公共施設や飲食店などで、公衆Wi-Fiを使えるところが増えた。

便利ではあるが、公衆Wi-Fiは不特定多数の人が使うものであり、ネットワーク内に悪意を持ったユーザーが潜んでいる可能性もある。

情報が暗号化できるVPN Gateを使って、少しでも安全に公衆Wi-Fiを利用しよう。

※VPN Gateの安全性は完全ではありません。使用は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

VPN Gateとは

VPN Gateは、筑波大学における学術的な研究を目的として実施されているオンラインサービスだ。

VPN Gateができること

  • ファイアウォールを回避し、海外のYouTubeなどのWebサイトを自由に閲覧できる。
  • IPアドレスがVPNサーバーのものに書き換わるので、インターネットで安全に情報発信をしたり、Webを閲覧したりできる。
  • 暗号化により公衆無線 LAN を安全に利用できる。

VPN Gateの仕組み

世界中のボランティアが提供するVPNサーバーを中継することにより、通信は暗号化され悪意のあるユーザーによって、公衆Wi-Fiの同一ネットワーク内から傍受されることは、理論上なくなる。

VPN Gateの使い方

稼働中のVPN Gate 中継サーバーが分かれば、iOS端末の[設定]→[VPN]から設定し、接続することが可能だが、手続きに手間がかかる。
専用のアプリを使えば簡単に接続できるので、今回はその方法をご紹介しよう。

アプリをインストールする

接続には、以下の2つのアプリを使用する。
App Storeからダウンロードしておこう。

VPN Gate2VPN Gate Viewer – 公開 VPN 中継サーバ 一覧表示 – SENSYUSYA

OpenVPNOpenVPN Connect – OpenVPN Technologies

VPN Gate ViewerでVPNサーバーを選択する

VPN Gate Viewerを起動。
OpenVPN_1
メニューが開くので、[メインCSVデータ]か[サブCSVデータ]を選択。
どちらでも構わない。

接続したい(任意)中継VPNサーバーを選択しタップ。
OpenVPN_2

内容が表示されるので、確認し[Open VPN]をタップ。
OpenVPN_3

[Open VPNで開く]をタップ。
OpenVPN_4
自動的にOpenVPN Connectが起動する。

OpenVPN Connectで中継VPNサーバーに接続する

VPN Gate Viewerで選択した中継VPNサーバーが表示されているので、[+]をタップし中継VPNサーバーのIPアドレスを登録する。
VPN Gate_1

スイッチをオン。
VPN Gate_2

ステータスバーにVPNアイコンが表示されれば、中継VPNサーバーに接続されている。
VPN Gate_3

終了時にはOpenVPN Connectを起動し、スイッチをオフにしてVPN Gateとの接続を必ず解除しておくこと。

まとめ

これで(比較的)安全に公衆Wi-Fiに接続できる。
ただし、安全なのは公衆Wi-Fi内だけであって、中継VPNサーバーにアクセスできる悪意のユーザーがいた場合は、この限りではない。
本当に安全を期する場合は、自分でサーバーを設置し、専用の中継VPNサーバーを持つしかないだろう。

いずれにしても、僕を含めほとんどのユーザーのITリテラシーには限界がある。
常に傍受の危険性にさらされていることを認識し、特に公衆Wi-Fiなど公共のネット環境では、クレジットカード情報など重要な個人情報を扱わないように心がけよう。

※VPN Gateの安全性は完全ではありません。使用は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ