iPhoneでVPNを構成し、VPN Gateに接続する方法

VPNGate
暗号化によりフリーWi-Fiを安全に使えたり、政府の検閲用ファイアウォールを回避して、海外でもウェブサイトを自由に閲覧できるVPN Gate。

以前、アプリを使ってVPN Gateに接続する方法をご紹介した。

sankouiPhoneで専用アプリを使って、VPN Gateに接続する方法

もちろんこの方法で問題はないんだけど、iPhoneなどの設定にVPN GateのDDNS名やIPアドレスを入力することにより、直接接続することもできる。

今回はその方法をご紹介しよう。

スポンサーリンク

VPNを構成する

[設定]を開く。
VPNGate_a

[一般]を開く。
VPNGate_b

[VPN]を開く。
VPNGate_c

[VPN構成を追加]をクリック。
VPNGate_d

[L2TP]を選択し、それぞれの項目を入力していく。
VPNGate_e
①説明・・・任意の名称を入力。
②サーバ・・・VPN中継サーバ一覧から「L2TP/IPsec」にチェックがあるサーバのDDNS名IPアドレスを入力。
③アカウント・・・vpnと入力。
④パスワード・・・vpnと入力。
⑤シークレット・・・vpnと入力。
RSA SecurIDはオフ、すべての信号を送信はオンのまま。

すべて入力が終わったら、[保存]をクリック。
VPNGate_f

接続を確認するため、[VPN構成]をオン。
VPNGate_g

VPN構成が「接続中」になり、ステータスバーに「VPN」と表示されれば接続されている。
VPNGate_h

次回からはワンタッチで接続可能!

一度登録しておけは、次回からは[設定]→[VPN]をオンにするだけだ。
VPNGate_i

接続された。
VPNGate_j

念のため複数登録しておく

VPNGate_k
回線の具合やサーバの混雑などにより、特定のVPN Gateに接続できないこともある。
そんな時のために、複数のVPN Gateを登録しておいたほうが良いだろう。

接続したい名称をタップし「✔」が移動すれば、そのサーバに接続される。

まとめ

最近、街に増えたフリーWi-Fiスポット。
とても便利なんだけど、気になるのがセキュリティー。
少しでも安全に利用するためには、VPN Gateを使うのもひとつの手だ。

しかし、VPN Gateも100%安全ではないので、フリーWi-Fiスポットでクレジットカード番号等の個人情報の扱いは慎重に。

また、検閲用ファイアウォールがある国ではDDNS名は使えず、IPアドレスで設定する必要があるので、海外で利用する人は覚えておこう。

いずれにしても、ご利用はすべて自己責任で。

こちらの投稿もいかがですか…
VPN接続アプリの決定版! Opera VPNの使い方【重要な追記あり】
このブログでも何度か、iPhoneやiPad、Android端末でのVPN接続方法をご紹介してきた。 VPN接続はフリーWi-Fiでセ...
スポンサーリンク
関連するコンテンツ