僕たちは覗かれている!? Windows10のプライバシー設定

Windows-10-Logo
先日リリースされたWindows10。

Windowsにしては珍しく(?)、リリース直後からとても評判が良く、悪いことはあまり聞かなかったんだけど、ここにきて不穏な噂が広がっている。
Windows10が、僕達のプライベートを覗いているというのだ。

ほんとうかどうか、設定を確認してみよう。

スポンサーリンク

プライバシー設定の確認

[スタート]→[設定]を開くと、そのまま[プライバシー 位置情報、カメラ]という項目があるのでクリック。
Windows10_privacy_b

全般

Windows10_privacy_c

  • アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する
  • アプリ内でユーザーに合った広告を表示する機能。

  • SmartScreenフィルターをオンにする
  • Windowsストアアプリ内でユーザーが訪問したURLをMicrosoftに送信する機能。

  • 入力に関する情報をMicrosoftに送信する
  • 手書き入力やタイプ入力の際に、予測変換の精度を向上させる機能。

  • Webサイトで地域に適したコンテンツを表示させる
  • システムの使用言語に適したサイトを表示させる機能。

ほとんどの人は、全部オフにしても問題ないんじゃないかな…

位置情報

位置情報サービスの設定。
Windows10_privacy_d

下にスクロールしていけば、アプリごとに設定することも可能だ。
Windows10_privacy_e
天気やマップなど、必要なアプリだけオンにしておいたらイイだろう…

カメラ・マイク・アカウント情報・連絡先・カレンダー・メッセージング・無線・他のディバイス

[位置情報]と同じく、必要なアプリだけオンにしておく。
必要なければ、根本をオフにしてもイイだろう(不都合があれば、いつでもオンに戻せるし…)。

音声認識、手書き入力、タイピング

これをオフにすると、音声サービスのCortanaが使えなくなる。
Windows10_privacy_h
それにしても、説明が分かりにくいね。
文面だけ読むと、どうしても「キーロガー」をイメージするな…

とりあえず[自分の情報を知らせない]に…

フィードバックと診断

Windows10_privacy_p
フィードバックには、協力しても特に問題はなさそうだな…

まとめ

僕はWindows10をメインに使うわけではないので、すべての設定をオフにしておいた。

ディフォルトではすべてオンになっている。
しかも設定が複雑で、説明文も非常に分かりにくい(僕の読解力が低いからか…)。

情報がもれなくMicrosoftに送信されたところで、大きな事案に発展する可能性は極めて低いので、それほど神経質になる必要はないだろうけど、これだとWindowsがプライバシーを侵害している、と言われてもしかたがないかも知れないね。

いずれにしても大手中小、悪意の有無を問わず、ネット上には僕達の個人情報を狙ったシステムが溢れている。
それに気づくこと、対応するリテラシーを持つことが、今後さらに重要になるだろう。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ