Windows10でシャットダウンする3つの方法

Windows10 Shutdown
僕はふだんMacを使っている。
でも仕事でWindowsを使うこともある。

昔はWindows(VAIO)を使っていたので、そんなことはなかったんだけど、最近たまにWindowsを使うと操作に戸惑うことがある。
そのひとつが、シャットダウンだ。

基本的なことだけど、もう一度Windowsのシャットダウンの方法を確認しておこう。

スポンサーリンク

スタートボタンからのシャットダウン

Windows10から、めでたく復活したスタートボタン。
ここからのシャットダウンは、基本中の基本だ。

[スタートボタン]>[電源]>[シャットダウン]。
Windows10 Shutdown_a

電源ボタンでシャットダウン

Windowsでは電源ボタンでシャットダウンすることもできる。

ただし、機種によっては初期設定でスリープや休止状態に設定されていることもあるので確認しておこう。

スタートボタンを右クリック >[電源オプション]>[電源ボタンの動作を選択する]を選択。
電源でシャットダウンしたい場合は、プルダウンメニューから[シャットダウン]を選択。
Windows10 Shutdown_b

ラップトップ(ノートパソコン)であれば、バッテリー駆動時と電源接続時で、それぞれ別の設定を選べることができるみたいだ。
また、カバーを閉じてシャットダウンできる機種もあるようだ。

ショートカットでシャットダウン

専用のショートカットを作成し、デスクトップなどにおいておけば、マウスのクリックだけでシャットダウンできる。

デスクトップ上で右クリック >[新規作成]>[ショートカット]を選択。
Windows10 Shutdown_c

[項目の場所を入力してください]に

shutdown /s /t 0

と入力し、[次へ]。
Windows10 Shutdown_d

[このショートカットの名前を入力してください]に、好きな名前(?)を入力して[完了]。
Windows10 Shutdown_e

できた。
Windows10 Shutdown_f

ちなみに…
shutdown /s /t 0

の “0” の部分を変更することで、シャットダウンまでの時間を変えることができる。

例えば、

shutdown /s /t 10

にすれば、アイコンをクリックした10秒後にシャットダウンが始まる。

2×60分×60秒=7,200で、2時間後にシャットダウンするアイコン作成することも可能だ。

shutdown /s /t 7200

ただし、このままではアイコンのデザインが変なので変更しよう。
アイコンを選択し、右クリックで[プロパティ]を開き、[アイコンの変更]を選択。
Windows10 Shutdown_g

好きなアイコン(?)を選択し[OK]をクリック。
Windows10 Shutdown_h

できた。
Windows10 Shutdown_i

まとめ

僕はアイコンを作成し、デスクトップにおいている。
そうしておけば、シャットダウンの方法を忘れても迷うことがない。
アイコンをクリックするだけなので簡単だ。

スポンサーリンク