「LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―」で紹介されていた、WINFOS SD Adapterを試す!

WINFOS SD Adapter
高城剛氏が「LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―」で紹介していたアイテムで、僕がもっとも気になったモノ、WINFOS SD Adapterをさっそく購入してみた。

スポンサーリンク

WINFOS SD Adapter

大きさは、最近すっかり出番が少なくなったSDカードと同じ。
WINFOS SD Adapter_g

下(?)が外れ、USB接続部分になる。
WINFOS SD Adapter_a

裏側にUSBとSDカードの、それぞれの端子がある。
WINFOS SD Adapter_b

横がらmicroSDカードを挿入する。
WINFOS SD Adapter_c

MacのUSBポートに接続。
WINFOS SD Adapter_d
WINFOS SD Adapter自体がSDカードの厚みしかないため、かなり緩くて接続が不安定。

紙(ポストイット)をUSB端子の幅に切り、噛ますと少し安定感が増す。
WINFOS SD Adapter_e
ただし、当然奨励された方法ではないので、場合によってはMac(PC)側のUSBポートを破損する可能性もある。
実行される方は自己責任で…

転送速度はこんな感じ…
WINFOS SD Adapter_f

まとめ

性能・使用感ともに、若干不安が残る製品であった。
ただし、まったく使えないものかというと、そんなことはなく、容量が大きなデータでない限りふつうにやり取りができる。

しかし造りが華奢なため、ヘビーな使用には耐えられないだろう。
特にUSB接続部分が薄く細くなっているため、接続時に力が加わると折れてしまう危険性もあるので、取扱には注意が必要だ。
ふだん使いというよりも、サイフやカードケースに入れておいて、イザという時に持ち出すのが適した使い方かもしれない。

僕もふだんはサンワダイレクトのUSB3.0 カードリーダーを使い、コレは万が一の時のために高城式カードケースに入れておくことにする。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ