ZからXへ!? 新型「Xperia X」発表!

Xperia X2016
2016年2月22日、MWC*12016にてソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社は、最新ハイエンドスマートフォン「Xperia X」シリーズを発表した。

今までの“Z”シリーズに代わって、“X”を冠する新Xperiaシリーズは、苦戦する国産スマートフォンの救世主になり得るのか!?

スポンサーリンク

各モデル スペック比較表

Xperia X

Xperia X Performance


Xperia X Performanceは、今回発表のXシリーズの最上位機種。
CPUにSnapdragon 820(4コア)を積み、GPUもAdreno 530と、ハイエンドに相応しいパフォーマンスを誇っている。

ディスプレイも4Kではないものの、フルHD液晶なので5インチのスマートフォンとしては、必要にして充分だろう。

指紋認証とIPX5・8/IP6Xの防水防塵機能を搭載している。

Xperia X


XシリーズのメインストリームとなるモデルがXperia Xだ。
CPUはヘキサコアのSnapdragon 650だが、カメラはPerformanceと同性能のものを搭載している。

外見やデザインもほぼ変わらないものの、大きさが微妙に小さく、10g強軽くなっている。

指紋認証機能は搭載しているが、防水防塵には対応していない。

Xperia XA


今回の発表の中ではもっともロースペックモデル、Xperia XAはソニーモバイルいわく“スーパーミドルハイ”だ。
スペックはカメラ性能も含め、他の2機種とは大きく抑えられている。

新興国、低価格市場を睨んでいるモデルと考えて良いだろう。

まとめ

良くも悪くも、手堅くまとめられた感じ…
“Z”が“X”になった以外は、特に驚くところはなかった。

デザイン的にも、大きくZ5と変わった感じはしないし、それならZ6で良かったんじゃないの。
それか“ZZ”(ダブルゼータ)*2にしておけば、別のユーザーを取り込めたかも知れないけど…

あるいは、ロースペックだけど中華圏に負けないくらい低価格のXperiaが出れば、MVNO用に買い足すギークも少なくないと思う。
もちろん最高技術を盛り込んだ、ハイスペックXperiaも開発・販売しながらね…

いずれにしても、このシリーズでXperiaユーザーが増えるとは考えにくいな…
VAIO Phoneに期待してしまうのは、僕だけではないはずだ。

MWC*1 Mobile World Congress。スペイン・バルセロナで開催される、携帯電話関連の世界最大の展示会。

“ZZ”(ダブルゼータ)*2 ZZガンダム。「機動戦士ガンダム」「機動戦士Ζガンダム」に続く「機動戦士ガンダムΖΖ」に登場するモビルスーツ。ハイメガキャノンや2連装メガビームライフルなど、重武装が特徴。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ