モバイル電源タップ “四角仕様” を作成


先日このブログでも紹介した、四角大輔氏が使用している超軽量電源タップ。

小型軽量にこだわる四角大輔氏が選ぶ電源まわり

販売終了しているサンワサプライのACアダプタ用マルチコンセントを偶然手に入れることができたので、僕も作成してみることにした。

スポンサーリンク

サンワサプライ ACアダプタ用マルチコンセント

在庫商品なので、パッケージにはスリ跡があり台紙はやや黄ばんでいるが、開封した痕跡はなく本体にもキズや汚れなどはなかった。

本体は想像以上に小さく、ZIPPOとほぼ同じ大きさ。

もちろん重さは、ぜんぜん違う。

コンセント端子が2ヶ所、2ピンプラグが1ヶ所の接続が可能。

2ヶ所コンセント端子は、それぞれ別面にあるので、大きいACアダプターでも干渉し合うことはなさそうだ。

2ピンプラグにiPadやMacBookシリーズのアダプターが接続できるか、と思ったが…

ジョイント金具が干渉して接続できない…

BUFFALO 電源ケーブル

BUFFALOの超軽量メガネ型2ピン・コンセントケーブルも購入。

上がBUFFALO メガネ型2ピン・コンセントケーブル、下が他社のコンセントケーブル。

BUFFALO メガネ型2ピン・コンセントケーブルのコードが、ひとまわり細いことが分かる。

まとめ

サンワサプライ ACアダプタ用マルチコンセントが22g、BUFFALO 電源ケーブルが48g、両方合わせて70g。
誰もが使ったことがある2個口の電源タップと、重さがぜんぜん違うことは手にしただけで分かる。
しかもコンセント部分が小型なので、全体的に超コンパクト。
旅行や出張時に持っていく電源タップとしては、これ以上のものはなさそうだ。

今回は偶然入手することができたが、サンワサプライのACアダプタ用マルチコンセントは、公式サイトを見ても「廃止」と表記されている。
今はまだ家電量販店に在庫が残っている可能性があるし、Amazonでもたまに在庫が復活することがあるようだ。
いずれにして、すでに流通している製品が最後になりそうだ。
気になる人は見つけしだい購入したほうが良いだろう。

そしてサンワサプライには、とても使い勝手が良い製品だけに再販、あるいは同タイプの後継機の開発・販売を期待したい。

スポンサーリンク