ムダ使いのスパイラル!? アディダス スタンスミス再購入


最近悪いスパイラル、ムダ使いの悪循環にハマっている。
せっかく処分したものを、再度購入しているのだ。

結局原点に戻る再び!?「Begin別注 “隠レゴリー”テールメイトS」購入!

仕事でフォーマルとまではいかないが、ジャケットを着て少しきれいな格好をする必要があった。
靴はさすがにキャンバススニーカー、コンバース オールスターというわけにはいかない。
せめてレザーのスニーカーが必要だ。
処分せずに置いておけば良かったが後の祭り。

そこで、再度購入することにした。
アディダスのスタンスミスだ。

スポンサーリンク

アディダス スタンスミス

シルエットなどは、以前所持していたものと同じ。

スタンスミスだから当然だ。

しかし大きな違いがある。
以前のものは天然皮革、今回購入したのは合成皮革だ。

アッパーには50%リサイクル素材を使用した、天然皮革の質感を備えたポリエステル製。
確かに見た目は天然皮革と差異はない。

アウトソールは、天然ラバー90%・リサイクルラバー10%。
シューレース・ライナー・補強素材などは、100%リサイクル素材だ。

ただ合成皮革のため、最初は少し石油臭(?)がある(1日履いていればとれる…)。
また天然皮革は最初から柔らかい履き心地だったが、合成皮革のためか硬い。
履いていれば馴染んでくるだろうが、天然皮革ほどは期待できないかもしれない。

しかし合皮になったことで、耐水性は上がった。
少々の雨でも気にせず履けるはずだ。
汚れたら水でジャブジャブ洗うことも不可能ではない(自己責任)。

天然皮革と合成皮革、メリット・デメリットは裏表といったところか。

シュータンのスタンスミスも、プリントではなく刻印になっている。

合皮ならではの加工か(個人的にはプリントの方が良かったな…)。

もうひとつの変化が、インソールの採用。

コンバースのような踵を包み込むような立体感はないが、多少のクッション性は期待できそうだ。
今回のアディダスのキャッチフレーズ(?)、PRIMEGREENのロゴが誇らしげだ。

気になる人は、さらにクッション性のあるインソールに交換しても良いだろう。


僕はとりあえず、かかと部分にだけインソールを挟み込んでみた。


これだけでも、歩行時の踵の衝撃を軽減してくれるはず。

 

まとめ

ムダ使いのスパイラルにハマっているが、これで終わりにしたいと思っている。

しかし、処分したものでも再び購入できるのは、定番商品の良いところ。
また買うことができると思えば、気軽に処分することができる。
などと思っているから、ムダ使いのスパイラルにハマってしまうのだろう。

とりあえず靴は、このアディダス スタンスミスと、コンバース オールスターの2足体制で行こうと思う。


こちらの投稿もいかがですか

ここ1年弱、adidasのスタンスミスを主に愛用していた。 とても履きやすく、ふだん履きには最適なスニーカーだ。 ▷ スニーカー...
スポンサーリンク