「朝日新聞アルキキ」で、忙しい朝に最新のニュースを音声で聴く

朝日新聞アルキキ
朝は誰でも(?)忙しい。
少し早く起きて、ゆっくりとコーヒーでも飲みながらネットニュースに目を通したいところだが、なぜか毎日ギリギリまで寝てしまう。
若手の頃はそれでも良いが、ある程度の年齢になってくると世間の話題、特に社会的なニュースを知らないことは仕事に差し支えることさえある。

そんな人のために、わずか5分で最新のニュースを、しかも聴くだけで知ることができるアプリがある。
「朝日新聞アルキキ」だ。

スポンサーリンク

朝日新聞アルキキの使い方

起動すると、最初に位置情報と通知の許可を求められる。
自分の使用目的に合わせて許可・許可しないを選択する。
これは後から[設定]で変更することも可能だ。

次に “使用上の注意” “利用規約” が表示される。
確認して問題がなければ[同意する]を選択。

簡単な使い方と、“アルキキプラス(アプリ内課金)” への誘い(?)が表示される。

アルキキプラスは必要ないので[×]をタップ。

ホーム画面で[▶(再生)]をタップすると、ニュースが流れる。

再生状態であれば、アプリを終了しても、端末をスリープ状態にしても再生は続く。

ロック画面からの再生・停止などの操作も可能だ。

朝日新聞アルキキの設定

ホーム画面左下の歯車から各種設定が可能。

上ふたつはアルキキプラス(アプリ内課金)の設定なので、①再生設定と②表示設定をしておこう。

① 再生設定


[再生の速さ][BGMの音量]を設定できる。
[起動してすぐ再生]をオンにしておくと、ホーム画面で再生ボタンをタップしなくても、アプリを起動した時点で再生が始まる。
オンにしておけば、わずかながら時間を節約できる。

② 表示設定


天気予報や星座占いを設定できる。

都道府県と星座を設定しておくと、ホーム画面に表示される。

まとめ

ほとんどのニュースアプリは、テキストを読む必要がある。
しかしアルキキは音声ニュースなので、出勤の準備をしながら流しておいても良いし、通勤の電車内で聴いても良い。
5分という短時間で聴けるので、内容が中途半端で終わってしまうことも少ない。

アルキキはAlexaのスキルもリリースされているから、Amazon Echoで使うこともできる。
「アレクサ、今日のニュースは?」と音声だけで利用できるから、忙しい朝には最適だ。
僕もEcho Spotを手に入れたら、アルキキのスキルを使うつもりだ。

朝日新聞アルキキ朝日新聞アルキキ いつでも簡単音声ニュース – 株式会社 朝日新聞社

朝日新聞アルキキ朝日新聞アルキキ いつでも簡単音声ニュース The Asahi Shimbun Media Lab

朝日新聞アルキキ The Asahi Shimbun MediaLab
Alexaスキル


こちらの投稿もいかがですか

スマートスピーカーの大本命!? Amazon Echo Spot予約開始!
米国では昨年(2017年)末に発売されていた、Amazonのスマートスピーカー「Echo Spot」。 ようやく日本でも予約が開始され...
スポンサーリンク