「Begin別注 “隠レゴリー”テールメイトS」を自分流にカスタムする!


購入した「Begin別注 “隠レゴリー”テールメイトS」。

結局原点に戻る再び!?「Begin別注 “隠レゴリー”テールメイトS」購入!

そのままでもシンプルで良いのだが、いつものように(?)自分流にカスタムしよう。

スポンサーリンク

バックル・アジャスター

ボディーにはGREGORYタグがないのに、バックルにはどういうわけかロゴが刻印されている。

これを無地のものに変更する。

ついでに、ベルトの余った部分を留めるためのアジャスターも。

これで、よりシンプルになった。

ジッパータブ

黒いボディーに茶色いジッパータブも、ワンポイントになってなかなか良い。

しかし、ここは黒に統一したい。

ついでにサブコンパートメントのジッパーには、いつものタグライトを。

高城剛氏や四角大輔氏も愛用の「ABITAX Tag Light(タグライト)」は想像以上の完成度だった!

同じくBegin別注のデイパックには、黒と茶色のジッパータブ両方が付いているようだが、テールメイトSには茶色のジッパータブのみ。
それで価格が抑えられているなら、まぁ良いのだが…

まとめ


超シンプルになって、無印良品の肩の負担を軽くする リュックサックと並べても違和感がない。

無印のリュックサックが容量19L、テールメイトSが8Lで倍以上の差がある。
これだけ差があれば、使い分けで悩むこともなさそうだ。

とはいえ、テールメイトSで事足りる場面が増えそうだけど…


こちらの投稿もいかがですか

僕はこれまでユニクロのバックパックを使ってきた。 ▷ レビュー! ユニクロのバックパックは予想以上のものだった!!【追記あり】...
スポンサーリンク