アラフィフ感涙!? シルバー仮面+レッドバロン=「BRAVESTORM ブレイブストーム」

ブレイブストーム

以前から観ようと思っていた映画で、観れていないものが何本かある。
今回その映画のひとつが、Amazon PrimeVideoの対象になったことで、観ることができた。
「BRAVESTORM ブレイブストーム」だ。

スポンサーリンク

BRAVESTORM ブレイブストーム

映画「BraveStorm」 予告編

西暦2050年、キルギス星人の地球侵略で人類は滅亡の危機に瀕していた。
巨大ロボット “ブラックバロン” の機能で、地球はキルギス星人に適した環境、人類が生きていけない環境に改変されたのだ。

人類滅亡を回避するため、春日兄弟の長男光一と長女ひとみは、次男の光二、三男の光三、末妹のはるかを、ブラックバロンの設計データとパワードスーツ “シルバースーツ” とともに、キルギス星人侵略以前の世界にタイムワープさせる。

2018年、地下格闘技場で賞金稼ぎしているボクサーの紅健は、キルギス星人の手下であるチグリス星人に命を狙われる。
シルバースーツを着た光二に助けられた健は、春日兄妹の隠れ家で行方不明になっていた、ロボット工学の第一人者である兄の健一郎と会い、巨大ロボット “レッドバロン” の操縦を託される。

春日兄妹のタイムワープで時代が改変され、予定より早く開発されたブラックバロンを、レッドバロンが迎え撃つことになるのだが…

☆ ☆ ☆

宣弘社の特撮番組「シルバー仮面」と「スーパーロボット レッドバロン」を下敷きにした、オリジナルストーリーだ。
特撮好きのアラフィフ世代には感涙モノだろう。
最後にもうひとつの宣弘社の特撮番組、「アイアンキング」の登場人物が少しだけ登場する。

監督は、プロデューサーと脚本も兼任する岡部淳也。
制作はブラスト。
岡部淳也とブラストといえば、少し前にYouTubeで無料公開された「ZVP」というファンムービーが話題になった。
これもファンムービーとは思えない傑作なので一見の価値がある。

ZVP

まとめ

良くも悪くもB級作品ではある。
ツッコミどころはなくはないが、それなりに楽しめる作品になっている。
特にロボット同士の戦闘シーンは、重量感があり見応え十分。

先に述べたように、シルバー仮面とスーパーロボット レッドバロンが下敷きになっているが、両作品を知らなくても特撮作品が好きなら問題ないはずだ。

続編への余韻をもたせてのラストになっている。
個人的には宣弘社の特撮では、アイアンキングが一番好きだっただけに、ぜひとも続編を期待したい。

[文中敬称略]


こちらの投稿もいかがですか

前作がカルト的人気があり過ぎて、公開前から賛否両論が巻き起こっていた「ブレードランナー 2049」。 僕も劇場で見ようと思っていたのだ...
スポンサーリンク