コンバース・オールスターのローカットモデルは、夏に裸足で履くのがイイ! ただしメンテナンスは必要だ

converse_150605
今年は暑くなるのが早かったので、着るものも履くものも、すでに夏物だ。

プライベートではギョサンで過ごすことが多いんだけど、さすがに仕事ではそうはいかない。
幸いカジュアルな仕事なので、革靴を履く必要がなく、主にスニーカーを履いている。

このブログでもご紹介した、コンバース・オールスターだ

この春から導入したコンバース・オールスター改が、快適すぎて手放せない状態に
前のものを履き潰したので、新しく買い替えたコンバース・オールスター。 そのまま履くのもアレなので、簡単にカスタムしてみた。 これ...
スポンサーリンク

コンバース・オールスターはローカット一択

コンバース・オールスターはハイカットのイメージが強い。



僕もかつては、ハイカットを中心に履いていた。
でも最近は、もっぱらローカットだ。

何といっても、脱ぎ履きしやすいところが良い。
ハイカットは履き口が深く紐も足首まであるので、着脱時に紐を締めたり弛めたり、結んだり解いたり非常に面倒だ。

その点ローカットは、着脱の手間がかからない。

さらに紐をゴム製のものに変えることで、着脱の手間がほとんどなくなってしまった!
ハイカットでは、こうはいかないからね…
https://re-cyberrat.info/converse_custom

コンバース・オールスターは裸足で履く(夏限定)

そんなコンバース・オールスターの快適さを、最大限に感じられるのが裸足で履く時だ。
ローカットは特に、足首を覆っていないので蒸れにくく涼しい。

僕はスニーカーソックスの、あの独特のデザインが好きじゃない。
靴を脱いだ時、どう見てもカッコよくない。
それなら、裸足のほうがマシだ。

というわけで、僕はコンバースを裸足で履く。

コンバース・オールスターはコットン素材なので、多少汗ばんでも水分を吸収してくれるし、脱いで一晩干しておけば翌日には乾いている。

それでも、何日かそれを続けると、ジットリとした水分が抜けにくくなってくる。
そんな時には、メンテナンスが必要だ。

コンバース・オールスターのメンテナンス

メンテナンスといっても、難しいことは何もない。
水につけて、洗剤とタワシでゴシゴシ洗うだけだ。

洗ったあと水でよくすすいで洗剤を落とし、タオルなどで水分を取って、風通しの良い日陰に干す。
夏の晴れた日だったら、朝洗って干しておけば、夕方には乾いている。
洗いたてのスニーカーは、洗いざらしのジーンズに共通する気持ちよさがあり、足を入れるが楽しみだ。

そういえば村上春樹の小説にも、スニーカー(テニスシューズ?)を洗っているシーンがあったっけ…
どの作品だったかな…

まとめ

この夏は、ギョサンとコンバースで過ごせそうだ。

どちらも裸足で履けるし、汚れたらそのまま水洗いできるところがイイ。

夏場に、これ以上最適で快適な2足はないだろうな…


こちらの投稿もいかがですか
https://re-cyberrat.info/gyosan_2

スポンサーリンク