満を持して後継機登場!! ゲームパッド付モバイルPC「GPD WIN 2」のスペック公開!


GPDは、ゲームプレイに特化したモバイルWindowsPC、GPD WINの後継機「GPD WIN 2」のクラウドファンディングを、2018年1月15日よりIndiegogoで開始することを発表した。
出荷は2018年4月の予定という。

スポンサーリンク

GPD WIN 2

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Intel Core m3
  • GPU:Intel HD 615
  • RAM:8GB
  • ROM:128GB
  • ディスプレイ:6.0インチ 1280x720HD
  • バッテリー:9800mAh
  • 外部端子:USB Type-C・USB 3.0・3.5mmオーディオジャック・Micro HDMI・microSDスロット
  • サイズ:162x99x25mm 460g

特徴

当然ながら前機より全体的にスペックアップしている。
CPUはIntel Atom x7からCore m3に、GPUはIntel HD Graphics 405からHD 615に、RAMも4GBから8GBに倍増している。
これによりプレイ可能なゲームの幅がさらに広がるはずだ。

基本的なデザインは前機を継承しているが、ひと目見て分かる違いは、十字キーとアナログスティックの位置が逆になっていること、ABXYボタンがカラーになっていること。
さらにキーボードのキー配置も変更されているようだ。

ボディーには軽量化のためABS樹脂を採用しているが、天板には一部にマグネシウム・アルミニウム合金を使っているという。

まとめ

GPD Pocketは迷った末、結局購入しなかった。
使用目的が分からなかったからだ。

こいつはホントに欲しいぞ! 超小型フルスペックPC「GPD Pocket」

僕が使うとすれば外出先でのブログ作成、テキスト入力が中心だ。
GPD Pocketの小さく変則的なキーボードより、iPadとMicrosoft Universal Mobile Keyboardの組み合わせが最強だ。

ついにモバイルキーボード探しの旅も終了か!? 「Microsoft Universal Mobile Keyboard」購入

そういう意味では、ゲームプレイに特化したGPD WIN 2の方が利用シーンは多いかもしれない。
キーボードも両手持ちで親指で打つには適してそうだ。

とはいえ結局、発売後のレビューを見てからの判断になりそうだけど…


こちらの投稿もいかがですか

僕が「GPD Pocket」に出資しなかった4つの理由
以前、このブログでも紹介したGPDのモバイルラップトップPC「GPD Pocket」。 こいつはホントに欲しいぞ! 超小型フルスペ...
スポンサーリンク