もうパソコン(Mac)は必要ない!? 「iPadOS」登場!

2019年6月4日(日本時間)に開催された、Appleの世界開発者会議「WWDC2019」。
新型の「Mac Pro」やApple純正の新しいモニター「Pro Display XDR」など、一部ハード類も発表されたが中心はソフトウェア。
中でも個人的に目を引いたのは「iPadOS」だ。

スポンサーリンク

iPadOSとは

その名のとおり、iPad向けのOS。

これまではiPadでも、iPhoneと共通のiOSが使用されていた。
今秋に一般リリースされる予定のiOS13から、iPadには専用のiPadOSがリリースされる。

元になるのはiOS13だが、今まで以上にiPadようにカスタムされ、専用の機能も多数搭載されているようだ。

サポートされるのはiPad ProとiPad Air 2以降、iPad mini 4以降、iPad(第5世代)以降。

iPadOSの機能

ホーム画面にウィジェット

今までは別画面にあったウィジェットをホーム画面に表示することができる。
スケジュールや天気、最新のニュースなど、ホーム画面の情報量が一気に増えそうだ。

Split ViewとSlide Overの強化

同一のアプリをSplit Viewで、2つ並べて表示することができる。
ひとつのアプリでドラッグ・アンド・ドロップ、コピー・アンド・ペーストで作業効率が上がる。

Safari進化

これまではモバイル版の表示だった、Apple純正のインターネットブラウザアプリ Safariが、Macと同じデスクトップ版に準じた表示が標準になる。
WordPressなどのウェブアプリケーションも使いやすくなるようだから、このブログの作成もはかどるかも…

ファイル機能の強化 外部ストレージ利用可!

iOS 11から追加されたファイルアプリがさらに改良強化され、USBドライブやSDカードなどの外部ストレージにも対応するという。
外部ストレージが本格的に使えるとなれば、高価な高ストレージモデルを購入する必要もなくなる(?)。

マウス利用可能?

WWDC2019での言及はなかったが、イベント終了後に配信された開発者向けベータ版で、USBマウスが利用できたと一部のメディアが報じている。

アクセシビリティのAssistive TouchでUSBマウスが使えるという。
カーソルはAssistive Touchと同じ円形のもの。
これは様々な事情で、ディスプレイをタップできない人へのサポートの意味があるのかもしれない。

Bluetoothマウスが利用可能かどうかは、現時点では不明ということだ…

まとめ

iPadOSでiPadはまた一歩、いや二歩も三歩もパソコン(Mac)に近づいた。
今後も進化することで、その距離はさらに縮まるに違いない。
これがAppleが理想とする、新しいコンピューターなのかもしれない…

個人的にうれしいのは、僕の愛機「iPad(第6世代)」もiPadOSのサポート対象になっていること。
iPad Pro用のOSだと予想していただけに、これはうれしい誤算だった。

ただし、すべての機能が利用できるのかは不明。
最新のiPad Proは全機能使用可能だろうが、それ以外の機種、特にiPadの第5世代や第6世代では使えない機能がありそうだ。
僕も含め多くの人が期待している外部ストレージは、USB Type-C端子搭載の最新のiPad Proしか使えない可能性もなくはない…


こちらの投稿もいかがですか

iPadを入手したら購入しようと決めていたものがある。 ロジクールのSLIM FOLIO iK1053 Bluetoothキーボード一...
スポンサーリンク