iPhone Xケースはフラップ付が主流か!? オススメの手帳型ケース3選【訂正・追記あり】

2017年11月3日、リリースされたiPhone X。
予想どおり(?)、盛り上がり方は先に発売されたiPhone 8/8Plusの時を上回っているようだ。

それに合わせて、専用の周辺機器も順次発売されている。
特にケースは、今までになくフラップ(フタ)付きの手帳型が目につくようだ。

スポンサーリンク

iPhone Xレザーフォリオ


https://www.apple.com/jp/shop/product/MQRY2FE/A/iphone-xレザーフォリオ-トープ?fnode=9e&fs=f%3Diphonex%26fh%3D4598%252B4959

Appleから発売されたX用ケース。
5以来発売されているAppleオリジナル初の、手帳型iPhoneケースだ。

素材は今までのレザーケースと同じく、高級感があるヨーロピアンレザー。
フラップ内側には2層の大型のポケットがあり、ケース背面にはオリジナル品の証であるアップルマークが型押しされている。
そしてこのフラップはiPadと同じように、開閉でスリープをオンオフできる、オートスリープ機能を搭載している。
ホームボタンがなくなったXには、意外と便利な機能かもしれない。

カラーは、コスモブルー・トープ・ブラック・ベリーの4色。
10,800円(税抜)で現在発売中だ。

PORTER Air Jacket for iPhone X


https://www.yoshidakaban.com/product/104292.html


バッグで有名な日本ブランド、PORTERのiPhone X用ケース。
“Air Jacket” というネーミングから分かるように、iPhoneケースの老舗パワーサポートが企画・製造を行っている。

フラップ表面には月と星のプリントが施され、裏側にはカードポケットがひとつある。
残念ながら、こちらはオートスリープには対応していないようだ。

そのかわり(?)、指紋や皮脂が付着しにくいAFP(アンチフィンガープリント)クリスタルフィルムと、超極細繊維クリーナーがセットになっている。

カラーはブラックとオレンジで、価格は13,000円(税抜)。
PORTERならではの、ブラックとオレンジのコントラストがオシャレだ。

Simplism iPhone X 手帳型ケース FlipNote Slim


もっとも手帳に近いフラップ付ケース。
“Simplism” は、NuAns NEO[Reloaded]を製造販売しているトリニティの、iPhoneを中心としたガジェット周辺機器ブランド。

アンドロイドに生まれ変わったネオ 「NuAns NEO[Reloaded]」登場!

素材は丈夫で軽量な合成皮革クラリーノ。
フラップのスピーカー部分には穴が開けられているので、フタを閉じたまま通話することができる。
通話時に顔の皮脂でディスプレイを汚すこともなさそうだ。

フラップ裏にはカードポケットがひとつあり、折り返せばスタンドにもなる。
マグネットで留まるので勝手に開くことがないうえに、オートスリープ機能にも対応している。
本体ホルダー下部にストラップホールがあり、同素材同色の専用ストラップが付属している。

カラーはネイビー・ブラック・レッドの3色で、価格は2,690円。
コストパフォーマンスは圧倒的なので、ブランドにこだわらないならオススメだ。

まとめ

Appleの創設者、スティーブ・ジョブズはiPhoneにケースを使うことには反対だった。
しかし皮肉にも、ガジェットにケースを付けることは、iPhoneの前身ともいうべきiPodから一般化されたように思う。

僕もiPhone 3G以来、ほとんどケースを使ってきた。

iPhoneカバーは、ずっとパワーサポートを使っている

美しいApple製品を傷つけたくない、という思いもあるが、それ以上にケース選びもiPhoneの楽しみ方になってきているような気がする。

100均から有名ブランドまで、多くのケースの中から自分が気に入ったものを選んだり、その日の気分で付け替えたりできるのも、iPhoneユーザーの特権(?)のひとつだ。

【追記】

打ち消し線部分、読者様よりご指摘いただきました。
この製品には、オートスリープ機能はないようです。
今後このようなことがないよう、十分確認いたします。
申し訳ございませんでした。

スポンサーリンク