いつものように突然に!? 新型iPod touch(第7世代)リリース!

iPod touch(第7世代)

2019年5月28日(日本時間)、Appleは新型iPod touch(第7世代)を発表した。
前機、iPod touch(第6世代)は2015年7月リリースだったから、ほぼ4年ぶりの新機種だ。

半ば諦めかけていた新型iPod touchが、こっそりリリースされた!

スポンサーリンク

iPod touch(第7世代)の新しいところ

A10 Fusion

プロセッサが前機iPod touch(第6世代)のA8からA10 Fusionに、2世代分バージョンアップされた。
これによりパフォーマンスは最大2倍、グラフィックスは最大3倍向上したとAppleはいう。

AR機能

A10 Fusionを搭載したことで、AR機能を使えるようになった。
ARを利用したアプリケーションやゲームも楽しむことが可能だ。

256GBモデル

前機iPod touch(第6世代)は最大ストレージモデルが128GBだったのが、256GBに倍増された。
写真や楽曲を多数保存できるだけでなく、容量が大きい3Dゲームなども複数インストールできそうだ。

RAM 2GB(?)

正規に発表されたものではないが、RAM(メインメモリ)が2GBになったという情報もある。
前機iPod touch(第6世代)が1GBだったから、RAMも2倍に強化されたことになる。

iPod touch(第7世代)で変わらなかったところ

サイズ・デザイン

サイズは123.4×58.6×6.1mmと、前機iPod touch(第6世代)と同じ。
重さも88gと、まったく同じだ。

一部ではiPhoneと同じように、狭額縁になるのではないかという噂もあったが、デザインも前機iPod touch(第6世代)と変わらず…

3.5mm オーディオジャック

iPhoneでは7から廃止された3.5mm オーディオジャックが、引き続き搭載されている。
Bluetoothイヤホンが主流になりつつある今、有線イヤホンファンには貴重な機種といえるかもしれない…

ホームボタン

最新のiOS端末にも関わらず、Face IDどころかTouch IDも搭載していない。
ホームボタンは、その名のとおりホームボタンだけの機能しか持たない…

その他

カメラ機能、Bluetooth 4.1、防水非対応なども、前機iPod touch(第6世代)から変更なし…

まとめ

ニューモデルとはいえ、事実上はプロセッサのみのマイナーアップデートといったころか。
とはいえ実用上は、プロセッサとRAMのスペックアップが一番重要なはずだ(個人的にはTouch IDくらいは搭載して欲しかった…)。

iPhoneユーザーでiPod touchを買おうという人は、よほどのマニアだろう。
しかしAndroidユーザーでiOSも試してみたい、という人には最適な1台だ。
電話やGPSなど、一部の機能が搭載されていないが、ほぼiPhoneと同じ感覚で使うことができる。
なにより、2万円強で入手できる最安値のiOS端末だ。

先ごろ日本でも発売されたPixel 3aと組み合わせれば、最大ストレージモデルでも10万円を下回る。

廉価版!? Pixel 3aは買いか否か?

Google端末とApple端末、ある意味で最高コスパのコンビネーションといって良いのではないか。

価格は21,800円(税別)から。


こちらの投稿もいかがですか

先日ご紹介した「タウンWi-Fi」がVer2.2.0にアップデートされた。 これにより登録できるWi-Fiスポットが45種類、5万ヶ所...
スポンサーリンク