秋はお風呂で読書! 防水機能付き「Kindle Oasis」リリース

Kindleの最上位モデル、「Kindle Oasis」のNEWモデルがリリースされた。

デザイン・機能ともにバージョンアップしているが、最大の特徴はKindleシリーズ初のIPX8防水機能が搭載されたことだ。

スポンサーリンク

Kindle Oasis(Newモデル)

アシンメトリーなデザインコンセプトは前モデルと同じだが、ディスプレイが6インチから7インチに大型化されたことで、筐体自体も大型化されている。
ストレージも4GBから8GB/32GBに増量され、8GBで数千冊の書籍と約140冊のマンガ、32GBなら650冊以上のマンガが保存可能。

Kindle PaperwhiteやVoyageと同じように、Wi-Fiがない場所でもKindleデータをダウンロードできる、無料3Gモデルも用意されている。

目玉機能である防水機能はIPX8で、等級的にはIP7のiPhone 7や8シリーズより防水性能は高い。
“水深2メートルまで最大60分耐えられる” というから、入浴時などでの使用には充分といって良いだろう。

前モデルの必須アイテムであった専用のバッテリー内蔵カバーは、現時点ではリリースの発表はされていない…

スペック

  • ディスプレイ:7インチ
  • 解像度:300ppi
  • 内蔵ライト:LED 12個(さらに明るさの均一性が向上)
  • バッテリー:数週間(明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用)
  • サイズ:159x141x3.4(最薄部)/8.3(最厚部)mm
  • 重さ:194g
  • その他:IPX8等級の防水機能

まとめ

ディスプレイが大型化されたこと、32GBモデルができたことから新型Kindle Oasisがマンガを読むことに主眼を置いて開発されたことが想像できる。

Kindle Paperwhiteの32GB マンガモデルは日本国内専用モデルだったので、まさかこれも? と思ったがAmazon.com(米Amazon)でもリリースされたいた。
単純に4GB通常モデルのストレージを増やしたマンガモデルとは違い、一から設計し直している新型Kindle Oasisなので当然といえば当然だ。

もしかしたら、全世界的に新型Kindle Oasisで日本のマンガを読むのかもしれない。
明るく大きなディスプレイで読むマンガは快適に違いない。
単体でお風呂で読めるのも魅力的だ。
あとは、クーポンコードを使っても3万円前後という価格をどう考えるか、というところだろう。

新型Kindle Oasisは、2017年10月31日発売予定。
現在予約受け付け中だ。

この流れでいけば、時期Fireには防水機能が搭載されるかも…

スポンサーリンク