悲報と吉報はいつも同時に突然やってくる!? MacBookシリーズリニューアル!


少し前から新型MacBook Airなどのリークが、ネット上でも流れていた。
そんな中おおかたの予想どおり、いつものように突然、MacBookシリーズがリニューアルされた。

スポンサーリンク

【吉報】新型 MacBook Pro / Air

MacBook Proは、すべての機種にTouchBarが搭載され、TouchBarなし機種は廃盤になった。
このあたりは賛否が分かれそうだ。
プロセッサは、エントリーモデルからinterCore第8世代になり、全機種クアッドコアに。
価格も128・256GBモデルは、それぞれ3,000円・5,000円の値下げ。

MacBook Airは、全機種True Tone対応のRetinaディスプレイ搭載。
プロセッサに変更はないが、128・256GBモデルは、それぞれ15,000円・17,000円の大幅値下げで、119,800円(税別)から購入が可能になった。

エントリーモデルがスペックアップして価格が下がったことで、一般ユーザーには購入のハードルが下がったといって良さそうだ。
最近のApple製品は価格が高騰する一方だっただけに、既存のユーザーの買い替えも増えるかもしれない。

【悲報】MacBook 販売終了

MacBook ProとAirのリニューアル、値下げにともない、MacBookは販売終了となった。
1Kgを切る軽量MacBookということで、ノマドワーカーを中心に人気があった機種だけに、販売終了を惜しむ声は少なくないようだ。

とはいえ、MacBook Airが復活した時点で、それぞれの立ち位置が微妙になったのは事実。
空気のように軽いということで “Air” のネーミングが付いたにも関わらず、MacBookの方が軽いというネジレ現象になっていた。
またMacBookは、スペックと価格のバランスが悪く、コストパフォーマンスが難点にもなっていた。

高城剛氏は著書「LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵」の中で、MacBookを “デザイン的にはノートに見えますが、実際はキーボード付きタブレットと考えたほうがいいでしょう。” と評している。

Apple的にも、モバイルノートはiPad Pro+スマートキーボードに移行していくつもりなのだろう。

まとめ

今回のリニューアルで、個人的に良かった点がひとつある。

MacBookの販売終了で、“MacBook” と書いた時に、MacBookシリーズ全体を指しているのか、機種としてのMacBookを指しているのか混同することがなくなったことだ。
今後は “MacBook” はAppleのノートPCシリーズのことで、“Pro” “Air” を付ければ機種になり、非常に分かりやすい。

ならば、iPadも同じ道をたどる可能性がある。
iPadも “Air” が復活している。

リリースは突然に! 新型iPad miniとiPad Air発売!!

機種としてのiPadがなくなり、“Pro” と “Air” の2機種体制になるのではないか。

となると僕の愛機、iPad(第6世代)が最後の “iPad” のみの名を冠する機種になるかもしれない。
大切に使うことにしよう(iPadには “mini” もあったか…)。


こちらの投稿もいかがですか

先日Amazonで予約購入した新型iPad mini。 Apple製品はAmazonで購入する時代!? 新型iPad miniとC...
スポンサーリンク