IIJmioの契約方法とMNP移行完了までの期間【iPhone MVNO化作戦 その3】


MVNOの契約は、一部の例外を除き、基本的にはウェブで行うことになる。
僕が契約するIIJmioも、専用のサイトから行う。

MNPの場合は移行手続きがあるので、どうしても通信空白期間が発生する。
僕の場合は、以下のとおりだった。

スポンサーリンク

「IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん」の購入

IIJmioから直接SIMを購入することもできるが、僕はあらかじめAmazonで購入した。
初期費用がかからないので、こちらを購入しておいた方が得だ。

僕が購入したのは「IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん」。

音声通話付きのタイプだ。
契約内容やSIMカードの大きさなどは、契約手続き時に選択できる。

期間限定で割引されているタイプもある。

IIJの契約手続き方法

僕が契約の手続きを始めたのは、平日の夜、21:00頃からだ。

まず、IIJmioサイトにアクセス。

右上の[ご購入お申込み]をクリック。

初めての場合は[mio会員登録・お申込み]を選択。

各注意事項を確認し、問題がなければ[上記に記載する「お申し込みの前に」の内容に同意する]と[以下に記載する弊社の個人情報の取り扱いに関する事項に同意する]にチェックを入れ、[次へ]をクリック。

パッケージ購入済みなので、[パッケージをご購入済みの方]を選択。

SIMカードは同梱されていないので[SIMカードなし]を選択し、購入したパッケージに書かれているエントリーコードを入力し[次へ]。

あとは表示される画面に従って、使用するSIMカードのサイズを申請し、氏名、住所、メールアドレス、電話番号などの基本情報、料金引き落とし用のクレジットカード情報を入力する。
次の画面で認証コード登録画面が出てくる。

すぐに、先ほど記載したメールアドレスに、認証コードが送られてくるので、これを入力。

間違いなければ、登録が完了された旨と、今後IIJmioホームページにアクセスする時に必要な「mioID」がメールにて送られてくる。

そしてすぐ、本人確認書類画像の提出手続きのメールが送られてくる。

ログインIDとパスワードが記載されているので、専用サイトにアクセス。
本人確認書類(運転免許書・パスポート・健康保険証など)を撮影し、専用サイトにアップロード。

本人確認書類のアップロードが受付けられれば、完了の旨のメールが送られてくる。

契約手続きはここまで。
時間は21:20だった。

確認手続き

翌日の15:15、本人確認が完了した旨のメールが来る。
1週間程度でSIMカードが届くとのこと。

同じ日の夜22:53、「MNP転入による電話番号停止予定のお知らせ」がメールにて来る。
このメール到着後、数時間から1日以内に、転入手続きにより電話回線が停止されるとのこと。

実際には翌日の昼12:30頃、iPhoneの電波表示が「圏外」に変わっていた。
もちろん、電話やキャリアメールは使用できなくなったが、Wi-Fiを使えばLINEやウェブメールの使用は可能だ。

そして、SIMカードが到着したのは、さらに翌日の午前11:00頃
クロネコヤマトで送られてきた。

iPhoneにセットすると、簡単な設定ですぐにdocomoのLTE電波をつかみ、開通することができた。

sankouIIJmio simのセットアップの方法【iPhone MVNO化作戦 完結編】

不通期間は1日弱だった。
早い!

まとめ

契約は専用サイトで簡単にできるが、ウェブ上での手続きに慣れていない人には、敷居が高いのかも知れない。
話題になっている割には、僕のまわりでもMVNOが普及していないのには、こういう事情もあるのかな。

そんな人には、IIJmioがその場で契約できる「BIC SIMカウンター」がある。
BIC SIMカウンターは、店舗限定でビックカメラ内に設置されているので、気になる方は確認して利用してみてはいかがだろうか。

BIC SIMカウンター

それにしても驚いたのが、SIMカード到着の早さ。
2〜3日の電話不通は覚悟していたのだが、不通期間は実質1日だったから不便はほとんどなかった。

契約のタイミングや曜日まわり(土日祝に営業、発送しているかは不明)にもよるだろうけど、このスピーディーな対応は評価に値するのではないか。

詳しくはこちらから。


【iPhone MVNO化作戦】

sankouSoftBankを解約してMNP(番号ポータビリティ)する方法【iPhone MVNO化作戦 その1】

sankou僕がMVNO(格安SIM)にIIJmioを選んだ6つの理由【iPhone MVNO化作戦 その2】

スポンサーリンク