Googleは日本を見捨てたのか!? 新型スマートフォン「Pixel 2」「Pixel 2 XL」発表!

2017年10月4日(現地時間)、Googleは開催中のイベントで新型スマートフォン、「Pixel 2」「Pixel 2 XL」の2機種を発表した。

スポンサーリンク

Pixel 2・Pixel 2 XL


Pixelシリーズの特徴のひとつが、背面の2トーンデザイン。
通信環境を安定させるためであろう、上部はガラス素材で下部がアルミ素材になっている。
前モデルが指紋認証センサーの下で切り替えられていたのが、今モデルでは上になり多少のイメージチェンジを図っている。

RAMは4GBと前モデルと同じだが、プロセッサはQualcomm Snapdragon 835(オクタコア)を搭載し、Snapdragon 821(クアッドコア)からスペックアップ。

ディスプレイはどちらも有機ELで、Pixel 2は5インチ(1080×1920)、Pixel 2 XLは6インチ(1440×2880)。

OSはAndroidの最新版 “Oreo” を搭載し、ホーム画面のデザインもGoogleの検索バーが最下部にあり、その上にランチャーアプリが並ぶという新しいものになっている。

カメラは両タイプとも背面1200万画素で、光学手ブレ補正にも対応している。
カメラ指標のDxOMarkによると、スコアはスマートフォンでは最高値レベルとなる98を記録したという。

そしてついに(?)3.5mmイヤホンジャックがなくなり、充電・同期用のUSB Type-Cジャックに接続する変換ドングルが付属する。
さらに世界で初めてeSIMを搭載し、Google携帯電話通信サービス “Project Fi” と契約すればSIMカードの差し替えなしで使うことができる(通常のSIMカードスロットも搭載している)。

まとめ

Pixel 2とPixel 2 XLはGoogle謹製(?)にふさわしい、Androidのハイエンドスマートフォンといって良いだろう。
しかし残念ながら、初期販売国に日本は含まれていない。
前モデルもそのまま日本未発売であったことを考えると、Pixel 2とPixel 2 XLもその可能性が高い。

日本は世界でも有数のiOS(iPhone)比率が高い国なので、あえて参入する必要がないという判断かもしれない。
並行輸入は可能だが、おそらく技適を通過していないので、原則的には日本国内で通信できないことになる。

マニアとしては、なんとか国内販売して欲しいところだ。
僕はたぶん買わないけど…

スポンサーリンク