iPhone5と同じ形なのでケースも使える!! Simplism iPhone型モバイルバッテリーを買った

IMG_20140312_144931
スマートフォンを使っていると、モバイルバッテリーは必需品だ。
皆さんはどんなバッテリーを使っているだろうか?

僕はエネループの「KBC-L2B」、いわゆる「モバブー」を使っていた。
機能的にもデザイン的にも気に入っていたのだが、2年くらい使ってると、さすがに最近充電の容量が減ってきたように感じる。
それでも、満充電でiphoneを1回くらいは充電できるのだが、そろそろ新しいのが欲しいな、と考えていた。

そんな時、発見したのがSimplismのiPhone型モバイルバッテリーだ。

スポンサーリンク

開封

IMG_20140312_143234
左から、マニュアル、本体、オマケのケーブルマネージャーとUSB-MicroUSBケーブル。
USB-MicroUSBケーブルのコード部分が布になっていて、少し高級感がある。

特筆すべきは本体の形状、iphone5/5sと全く同じ。
IMG_20140312_143602
左がSimplism iPhone型モバイルバッテリー、右がiphone5。

形が一緒なのは、iphone5/5s用のケースがピッタリハマることからもわかる。
IMG_20140312_143641
百均のiphone5用ケースをつけてみた。
カメラ穴の白い丸は、LEDライト。

重ねてみた。
上がSimplism iPhone型モバイルバッテリー、下がiphone5。
IMG_20140312_143837
iphoneの電源ボタン部分にあるのは、LEDライトのON/OFFスイッチ。

側面。
IMG_20140312_143924
ボリュームボタンからマナーモードスイッチ部分にあるのは、バッテリー残量表示ボタンと残量を表すLEDインジケーター。
4段階でバッテリー残量を表示。

端子部分。
IMG_20140312_143947
左がディバイス充電用のUSB出力端子、右が本体充電用のMicroUSB端子。

良い点


  • 薄型でiphone5と同じ形なので、一緒に持っていても邪魔にならない。
  • 軽い
    以前使っていたエネループKBC-L2Bは130gだったのが、これは72g。
  • カスタマイズ性
    iphone5用のケースを使える(ただし、端子部分が覆われてしまうタイプのケースは、使用不可)。

気になる点

  • 容量が少ない
    容量は2.500mAh(KBC-L2Bは5.000mAh)で、iphoneを1回充電できるぐらい(それで充分なのだが…)。
  • LEDライトが暗い
    iphone5のLEDライトと比べると、なんとも頼りない明度(オマケみたいなものか)。

まとめ

軽さと薄さは、モバイルバッテリーにとっては必須ではないだろうか。
これなら、ジャケットのポケットにも入れてもじゃまにならないので、手ぶらで出かける時も持っていける。
iphoneケースでのカスタマイズ性も含めて、購入してよかったと思っています。


こちらの投稿もいかがですか

Ankerのモバイルバッテリー「Anker Astro E4」 は “PowerIQ” 搭載で、あらゆる端末の急速充電が可能!
最近はiPad mini + Anker キーボードケースで仕事をしている。 AnkerのiPad mini用のキーボードケースが...
スポンサーリンク