地球の歩き方オリジナル トラベルスマートウォレットは、ミニマリストのサイフだ!!

201408091
僕は小物好きだったので、いろんなサイフを使ってきた。

ラゲッジレーベルやポーター、バイカー風のごついレザーウォレット、ブランド大好き大阪人のルイヴィトン…
そんな僕が行き着いたのがコレ、「地球の歩き方オリジナル トラベルスマートウォレット」だ。

スポンサーリンク

地球の歩き方オリジナル トラベルスマートウォレットとは

このサイフは、海外旅行用のガイドブックで有名な「地球の歩き方」が企画開発したものだ。
海外旅行者達の様々なニーズ、

  • ポケットに入れやすい。
  • マジックテープの音がしない。
  • 防犯用のチェーンを付けられる。

などに答えるべく造られている。

サイフを開いていることが目立たないよう、四辺のうち二辺しか開かない。
IMG_0664

カードホルダーは2ヵ所。
IMG_0663

フラップ付きの小銭入れ。
IMG_0662

外側にはICカード用のポケットがある。
IMG_0661

防犯用のチェーンを付けられる。
201408092

紙幣は2つ折りにして入れる。
IMG_0660

このように、必要にして最低限の容量しかない。
しかし、これで充分ではないだろうか。

特に海外では、膨らんで目立ったサイフを持ち歩くことで犯罪者の目を引くことも、支払い時のオーバーなアクションで不要なトラブルに巻き込まれることもない。
もちろん最近は、日本国内でも用心に越したことはない。

中に入れるものも厳選する

僕がこのサイフに収納しているものは…
IMG_0659

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • ICカード
  • 紙幣
  • 硬貨
  • 絆創膏
  • カード大に折りたたんだ、ダクトテープ

これだけのモノを収納してもサイフの厚みはほとんどなく、ジーンズの前ポケットに収納しても邪魔にならないくらいだ。

また品質にもこだわっていて、全て国内生産、使用しているジッパーもプルタブを立てて引かないと開かない、信頼のYKK製ロッカブルジッパーだ。
僕も1年以上使用しているが、ステッチがほころびることも生地が破れることもないし、もちろんジッパーも壊れていない。

まとめ

こんな商品が2.000円ちょっとで買えるのだから、ン万円のサイフを使うのがバカらしくなってくる。
機能的にも経済的にも、ミニマリストに最適の逸品ではないだろうか。


こちらの投稿もいかがですか

軽量・コンパクトで四角大輔氏も愛用の、バタフライウォレットを試す
サイフはここしばらくは、“地球の歩き方オリジナル トラベルスマートウォレット”を使っていた。 地球の歩き方オリジナル トラベルスマ...
スポンサーリンク