ミニマリストのボトムス最適本数は? とりあえずこの3本に絞ってみた


パンツ(ボトムス・ズボン)はトップスほど洗濯頻度は高くない。
汗をかく夏場はともかく、冬場は週に一度か、気がつけば一ヶ月近く同じパンツを履いていることがある。

そう考えると、よほどのオシャレさんでなければ、多くの本数は必要ないということだ。
特にミニマリストを目指す以上、必要なモノだけに絞らなければならない。

というわけで(?)僕が選んだパンツは、以下の3本だ。

スポンサーリンク

Levis 501


以前ブログでもご紹介したとおり、デニムパンツといえばこの一本、定番の一着だ。
数年前にリファインされて腰回りがスッキリとし、少しタイトになった。
ワークウェアっぽい無骨さは減ったけど、その分ふつうに履きやすくなっている。

程よい太さはカジュアルだけでなく、ジャッケトとか大人っぽいスタイルにも合わせやすい。
ここしばらくは、Denimeのスリムストレートをメインで履いていたんだけど、一本だけ選ぶとすれば、やっぱり501だな…

Dickies WD874


Dickies(ディッキーズ)は、米国のワークウェア(作業着)ブランドだ。
素材のTCツイル(ポリエステル65%コットン35%)は、丈夫で洗濯耐久性も高い。

また独特のハリ感があり、スラックスのようなキレイな合わせ方もできる。
ヘザーグレーのDickiesに、ボタンダウンシャツ、黒かネイビーのテーラードジャケットを合わせれば、フォーマル以外のビズネスシーンでも通用するだろう。

カジュアルにもキレイ目にも使いやすいので黒とヘザーグレー、色違いで2本選んだ。

まとめ

僕がこの3本を選んだ基準は、メンテナンスが簡単なこと。
汚れたら洗濯機で洗える。
洗濯を繰り返しても、501は色落ちが味になるし、DickiesはTCツイルのためほとんど色落ちすることがない。
先日紹介したM65フィールドジャケットのようなミリタリーウェアと同じように、ワークウェアもタフさが売りだ。

こちらも、しばらくこの3本で着まわしてみて、問題なければ残りのボトムスは処分する。

こちらの投稿もいかがですか

ミニマリスト厳選の一着 !! M65フィールドジャケットは、意外なほどコーディネートの幅が広い
もし僕がアウターを一着選ぶとしたら、迷わずM65M65フィールドジャケットを選ぶだろう。 キルティングのライナーが着脱できるので、...
スポンサーリンク