120HzのIGZO液晶パネル搭載! 待望のゲーミングスマートフォン「Razer Phone」登場!

2017年11月1日(現地時間)、ゲーム周辺機器メーカー「Razer」は英国で開催されたイベントで、同社初となるAndroid搭載スマートフォン「Razer Phone」を発表した。

スポンサーリンク

Razer Phone

スペック

  • OS:Android 7.1.1 Nougat(Android 8.0 Oreo対応予定)
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 835 オクタコア 2.45GHz
  • RAM:8GB
  • ROM:64GB
  • ディスプレイ:5.7インチ IGZO液晶 2560×1440 WQHD
  • バッテリー:4000mAh
  • アウトカメラ:1200万画素(広角)+1300万画素(望遠)
  • インカメラ:800万画素
  • 外部端子:microSDスロット(最大2TB)、USB Type-C
  • サイズ:158×78×8mm 197g

特徴

CPUはQualcomm製のSnapdragon 835 Mobile Platform、メインメモリは8GB
同社自ら「The Ultimate in Mobile Entertainment」と評するだけあって、ハイエンドなスマートフォンだ。

特筆すべきはディスプレイ。
解像度は2560×14405.7インチIGZO液晶を使用し、スマートフォンとしては世界初になるリフレッシュレート*1120Hz
スナドラ835と8GBRAMのスペックと合わせて、動きが早いアクション系ゲームもカクつくことなく快適にプレイできそうだ。

音響まわりにも手を抜いていない。
本体には前面ステレオスピーカーを搭載し、THX*2認証済みだ。

ゲームプレイ機能だけでなく、カメラ機能もハイエンドにふさわしいスペックになっている。
メインとなるアウトカメラは、広角と望遠のデュアルカメラ
広角は有効画素数1200万画素F値は1.75、望遠は1300万画素F値2.6
実際の撮影画像を、ぜひ見てみたい。

バッテリーも4000mAhの大容量を積んでおり、最大12.5時間の動画再生が可能だという。
これは長時間のゲームプレイにも役立ちそうだ。
それでいながらサイズ・重量ともに、5.5〜6インチスマートフォンとしては、そこそこの数値に抑えられている。

価格は699ドルで、米国では2017年11月1日から予約を開始しており、11月17日出荷の予定だという。

まとめ

全体的なデザインは、先ごろ買収したスマートフォンメーカー「Nextbit」の「Nextbit Robin」を踏襲したシンプルなもの。

Nextbitを買収したRazerに期待したいこと

ただポップなイメージのNextbit Robinとは、カラーリングと背面のロゴだけとっても大きく印象を異にする。
艶のないブラックと虹色(?)に光る待ち受け画面は、いかにもRazer。

予想どおり(以上!?)のカッコイイスマートフォンだ。
僕はスマホゲームはほとんどしないけど、これは単純に欲しい!

ただし、残念なことに現時点で日本国内での販売は未定だ…

リフレッシュレート*1 単位時間内にリフレッシュ(書き換え)される値。“Hz” は1秒間にリフレッシュする回数を表していて、数値が多いほど映像が滑らかに動く。

THX*2 音響技術・評価サービスを提供する米国企業。THXが認定した、基準以上のクオリティで再生できる機器には、“THXマーク” が表記される。

スポンサーリンク