検証! iPhone 8が売れていない3つの理由

Amazon Fire HD 10が意外と(?)売れている一方で、iPhone 8が売れていないらしい。

検証! Fire HD 10が売れている3つの理由

最新機種にもかかわらず、前機種のiPhone 7の方が売れているうえに、生産台数が半減されるという。

「iPhone 8」、なんとiPhone 7より売れていない模様【ギズモード・ジャパン】

まさかの修正。iPhone 8の生産量が半分にカットされるとの報道【ギズモード・ジャパン】

なぜだろうか?
独断と偏見で検証してみた。

スポンサーリンク

革新性がない!?

材質こそ背面が強化ガラスに変更されているが、基本的なデザインはiPhone 6から変化がない。
性能的にはCPUやカメラ機能が強化されている。
しかし7の時のように、防水防塵機能やFeliCaに対応により国内でのApple Payが利用可能になるなど、僕たちのような素人がはっきりと実感できるものではなさそうだ。

旧型機で充分!?

iPhoneに限らず、Androidなどガジェット類における進化が頭打ちになりつつある。
いわゆる「ムーアの法則」が当てはまらくなってきている。

実際、iPhone 8でできて7でできないことはほぼないだけでなく、6sや6でもふつうに使うぶんには致命的な不都合はないだろう。
最新機種にこだわりがなければ、価格も下がってコストパフォーマンスも高い7で充分だ、と考える人も少なくないはずだ。

iPhone X待ち!?

今秋リリースされるのはiPhone 8だけではない。
iPhone Xも少し遅れて発売される。

革新性が少ない8とは違い、Xは新機能の塊、というより今までのiPhoneとはまったく別モノといえるiPhoneになっている。

iPhoneの場合、リリース直後に最新機種に買い換えるマニアは一定数いる。
そんなマニアの中でも8とXを同時に入手できる人は、経済面だけでなく実用面から考えても少ないだろう。
8はパスしてX狙い、という人も多いはずだ。

まとめ

とはいえ、iPhone 8が不満足な端末かというと、そんなことはない。
新機能こそないものの、基本的なスペックは間違いなく上がっている。
手に吸い付くような強化ガラスの筐体も美しい。

新機能が搭載された7と、まったく新しい形のXに挟まれて少し地味な存在になってしまったが、個人的には現時点ではもっともiPhoneらしいiPhoneだと思う。

でも、3.5mmオーディオジャックを搭載させていたら、流れが変わっていたかもしれないな…
Appleが一度削除した機能を復活させることはないだろうけど…

スポンサーリンク