なぜか買ってしまうムック本「STARBUCKS OFFICIAL BOOK」

スターバックス オフィシャルブック
ファッション系やガジェット系、以前はよく(紙の)ムック本を購入したが、最近はほとんど買わなくなった。
ファションに対する興味が薄れてきたし(年齢のせい?)、ガジェット系もKindle化されていなければ買わない。

しかし、どうしても買ってしまうムック本がある。
「STARBUCKS OFFICIAL BOOK」だ。

スポンサーリンク

STARBUCKS OFFICIAL BOOK


実に12年ぶりの、スターバックスのブランドブックだという。
その12年前の本も、もちろん購入している。

スターバックス大解剖スターバックス大解剖
MOOK編集部

これは裁断、スキャンしPDF化、自炊している。
今回購入したSTARBUCKS OFFICIAL BOOKも、いずれ自炊する予定だ。

今回の内容は、

  • 第一章 個性豊かな日本全国の15店舗を紹介!
  • 第二章 スターバックス リザーブの世界へ
  • 第三章 もっと知りたい! スターバックスのこと。

の3章。

個人的には第一章が興味深かった。
僕は出不精ヒキコモリなので、理由なく出かけることはないのだが、各地の名物スターバックス巡りを目的とすれば楽しいかもしれない。

他に “We Love STARBUCKS” というコラムで、作家の朝井リョウ氏や女優の高橋あいさん、タレントのYOUさんなどが、スターバックスについて語っている。

読みごたえ十分なので、スターバックスマニア必読の一冊といって良いだろう。

特別付録スターバックス カード


▲ ラメ感のある濃いグレーに黒いロゴがカッコイイ!

今回の目玉は、2019年2月のスターバックスリザーブロースタリー オープン記念のスターバックス カード。

以前、限定モノのスターバックス カードを持っていたのだが、酔払って誰かにあげてしまった…
だから僕にとって、久々のスターバックス カードだ。

スターバックス カードは、チャージすることでプリペイドカードとして利用することができる。
とはいえスターバックスでは、ほとんどのクレジットカードを利用することが可能。
したがって、スターバックス カードがなくても現金は必要ない。

しかし、スターバックス カードをスターバックス アプリに登録しておけば、カードがなくてもiPhoneだけで支払うこともできる。
つまりiPhoneがあれば現金はもちろん、クレジットカードもスターバックス カードも必要ないということだ。
スターバックス ヘビーユーザーには必須のシステムといって良いだろう(Apple Payが使えれば一番イイんだけど…)。

まとめ


僕がもっとも利用してるカフェは、やはりスターバックスだ。
待ち合わせや簡単なミーティング、ちょっとした時間つぶし…
都心部やファッションビル内、駅や空港内にもあるので、とても便利に使っている。

メニューは決まって “本日のコーヒー” のホットにホイップクリームをプラス。
テイクアウトではなく店内で楽しむ場合は、陶器のマグカップに入れてもらう。
これにコンディメントバーのシナモンを少し振る。

その一口が至福の瞬間だ。

スターバックス オフィシャルブックSTARBUCKS OFFICIAL BOOK【本誌限定スターバックス カードつき】
宝島社


こちらの投稿もいかがですか

スターバックスをよく利用する。 打ち合わせやミーティング、時間潰しに使うこともある… 繁華街のスタバは、平日でも1日中満員なこと...
スポンサーリンク