今、HONDAから目が離せない!「Super Cub C125」「Monkey 125」


2017年10月27日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催されている「東京モーターショー2017」。

やはり自動車が中心のようだが、元単車乗りの僕が気になるのはオートバイ。
特に先日、国内生産で丸目のスーパーカブを復活させたホンダが、また何か面白そうなものを発表するんじゃないか、と思っていたら、やっぱりあった。
「Super Cub C125」と「Monkey 125」だ。

1億台突破で丸目が復活!「HONDA スーパーカブ」

スポンサーリンク

Super Cub C125

デザインは初代スーパーカブ(C100)を踏襲していることがひと目で分かる。
C100の特徴的な “かもめハンドル” のデザインそのままに、本体にめり込む形でヘッドライトを付けたデザインセンスはさすがだ。

クラシックなデザインの中に新機能を盛り込んでいるのはハンドルまわりだけではない。
ヘッドライトは当然LEDで、スマートキーや電動シートオープナーを搭載し、スピードメーターもアナログとデジタルが併用されている。

そして何よりも排気量が。原付き最大の125ccになっていること。
125ccあれば一般道で余裕を持って走ることができるし、チョットした遠乗りも楽しめそうだ。
それに合わせて前輪がディスクブレーキ化されているので、安全面も強化されている。

正直、これは欲しいぞ!

Monkey 125

このブログで復活して欲しいな、といっていたモンキー。
これも125ccの大猿(?)となって登場。

デザインは今までのものを踏襲しているが、大型化されているのは排気量だけではないようだ。
最終生産モデルと比較して、全長が1,365mmから1,713mmに、全幅が600mmから753mmに、全高が850mmから1,030mmとボディーもひと回り以上大型化されている。

前後輪ともディスクブレーキ化されていることから、排気量も合わせ手軽さだけでなく、本格的な “走り” にも比重が置かれていることが想像できる。
今までの “おさるさん” 感覚で跨ると、ケガをするかもしれない。

これも欲しい…

まとめ

いずれもコンセプトモデルなので、発売されるかどうかは未定。
ユーザーの反応しだいで判断するという。

個人的にはスーパーカブが来年60周年、モンキーが今年50周年と、どちらもホンダ史を代表するモデルだけに、ぜひとも販売して欲しい。
ただ両方販売されると、どちらを買うか悩みが増えてしまいそうだけど…

スポンサーリンク