スタイリッシュなデザインはそのままに、正当進化した「Twelve South PlugBug Duo」


MacBook Airなどの電源アダプターに、充電用のUSBポートをプラスできるPlugBug。
僕も愛用している(していた?)。

モバイラーにとって多機能ツールは必須! PlugBugはMacのアダプターと名コンビだ!

Amazonでも新品は品切れ状態が続いており、もう終わってしまうのかと思っていたら、後継機がリリースされた。
しかも僕がPlugBugで気になる点として挙げていた、USBポートが増えている!
「Twelve South PlugBug Duo」だ。

スポンサーリンク

Twelve South PlugBug Duo


PlugBugからの大きな変更は、その名前、PlugBug Duoが示すように充電用のUSBポートが2つになったこと。

スマートフォンだけでなく、タブレットやデジタルカメラ、携帯ゲーム機に電子書籍端末など、PlugBug発売当初より僕たちが日常的に使うガジェットは増えた。
そのほとんどが、USB充電できるものだ。
充電用のUSBポートの増設は、うれしい進化だ。

さらに、5種類の海外用コンセントプラグが付属している。
PlugBug Duoがあれば、ちょっとした海外への旅行・出張に変換プラグは必要ないかもしれない。

サイズ感は以下のとおり。

Apple製のほとんどの電源アダプターに接続可能だが61Wモデル、MacBook Proに付属している電源アダプターにピッタリ合うようだ。

その他に、デザインなど大きな変更はない。
それくらい前機、PlugBugの時点で完成されていたということだろう。

白いAppleの電源アダプターと、赤いPlugBug Duoのコントラストは、相変わらずカッコイイ!

まとめ

MacBook(Pro)の外部端子は、すべてUSB Type-Cになった。
間もなく発表される、iPad Proの端子もUSB Type-Cになるという情報もある。
今後は転送速度も早い、USB Type-Cがディフォルトになるのだろう。

とはいえ現状では、まだUSB Aが主流だ。
一般の充電ケーブルもUSB A接続のものが多い。

当面、Twelve South PlugBug Duoのような製品の利便性は続きそうだ。


こちらの投稿もいかがですか

小型軽量で2機同時充電が可能!「Anker PowerPort 2 Eco」購入
モバイラーにとって充電器は必需品だ。 各端末にも充電器は付属しているが、ほとんどの場合、端子はひとつで同時に複数台充電することはできな...
スポンサーリンク