素人ブロガーの強い味方! Coard for iPadの設定と使い方

coard for ipadWordPressを使ってブログを書いていると、HTMLの知識が必要な場面がある。
特別勉強しなくても、簡単なことはネットで調べれば分かる。

ただコードを覚えるのが苦手で(僕だけ?)、結局同じことを何度も調べたりしている。
TextExpanderなどを使う方法もあるけど、そこまで凝ったことをするわけでもない。

iPad mini 2で使えて、もっと直感的に簡単にできる方法はないか、と思っていたらあった。
Coard for iPadだ。

coard for ipadCoard for iPad + 外付けキーボード – Fumiya Mizuno

スポンサーリンク

Coard for iPadの設定

Coard for iPadは基本的にはキーボードだ。
だからキーボードとして設定する。

[設定]>[一般]>[キーボード]>[キーボード]で[新しいキーボードを追加…]を選択。
[Coard]を選択し[non function]の方をオンにして[完了]をタップ([with function]では、うまく機能しないようだ…)。
coard for ipad_a
これでキーボードとして登録された。

こんな感じ。
coard for ipad_b
キーボード内の地球儀マークをタップする、あるいはハードウェアキーボードのCtrlとスペースキーの同時押しで他のキーボード、ローマ字入力や英語入力と切り替えることができる。

Coard for iPadのカスタマイズ

ディフォルトのままでは使わない文字やコードが多い(特に絵文字…)ので、自分用にカスタマイズしよう。

Coard for iPadを起動し、下のリストから[設定]を選択。
coard for ipad_c

このページで、一枠ずつ自分がよく使う文字やコードを入力していく。
coard for ipad_d
bottom(最下段)は一枠が左右に分割されていて、選択すると自動的にカーソルが真ん中にくるようになっている!

僕の設定はこんな感じ。
coard for ipad_e
ほぼブログ用だ。

Coard for iPadの使い方

使い方は簡単。
入力したい場所で希望の文字やコードをタップするだけだ。
探すのに手間のかかった記号や特殊文字、よく使っているのに覚えられないコードをワンタッチで入力することができる。

また、右にあるアナログ時計の白枠部分はタッチホイールになっていて、指で丸くなぞることで、文中のカーソルを前後に動かすことができる。
凄い!

まとめ

coard for ipad_f
Coard for iPadは「+ 外付けキーボード」となっているけど、ソフトウェアキーボードでも使用可能なので、ハードウェアキーボードが使えない場面でも活躍してくれる。

唯一の欠点はCoard for iPadを起動した状態では、せっかくハードウェアキーボードを使っているのに、画面が狭くなってしまうこと。
まぁこれは仕方のないことだし、キーボードを切り替えてローマ字入力や英語入力の時はキーボードが表示されないので、こまめに切り替えて使えば良いだろう。

これでさらにiPad mini 2でのブログが捗りそうだ。

coard for ipadCoard for iPad + 外付けキーボード – Fumiya Mizuno

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 素人ブロガーの強い味方! Coard for iPadの設定と使い方 […]