クールでサイバーなオールスター「Converse Utility Hiker Gore-Tex」

米国コンバースから、とてもクールでサイバーなオールスターがリリースされている。
「Converse Utility Hiker Gore-Tex」だ。

スポンサーリンク

Converse Utility Hiker Gore-Tex

Converse Utility Hiker Gore-Texは、その名のとおりゴアテックスを使用することで、防水性を備えたオール天候型のオールスターだ。

ゴアテックスを使用したオールスターは、以前日本でも販売されていた。
オールスター生誕100周年記念モデル「ALL STAR 100」の素材を替えた、「ALL STAR 100 GORE-TEX HI」だ。

このモデルは表地は通常のオールスターと同じコットンキャンバスで、裏地にゴアテックスが使われている。
裏地はタンも合わせて袋状に縫い付けられており、側面内側の通気孔も排除され防水性は高かったものの、デザインはキャンバス オールスターと同じだ。

しかしConverse Utility Hiker Gore-Texは、先にリリースされたChuck Taylor 1970 Hikerをベースにしていて、キャンバス オールスターとはデザインが大きく変更されている。

まず目をひくのが、タンに大きくプリントされた、オレンジ色のGORE-TEXのプリント。
さらに左右のアイレット間に渡された3本のゴムベルト。
これはエラスティックバンドと呼ばれ、ゴム製のシューレースと合わせて、レースアップの必要なくジャストフィットで履くことができる。

インソールも取外し可能で、クッション性が高いものが使われているようだ。

サイドのゴム部分が、キャンバス オールスターのステッチと同じように縁取られていること、くるぶし内側にチャック・テイラーのゴムプリントがあることで、オールスターのデザインを踏襲している。
それがなければ、コンバースだと分からないかもしれない。

まとめ

Converse Utility Hiker Gore-Texは、ゴアテックス素材であることとシューレースにゴムを使っていることで、僕が愛用していたダナーライト改とオールスター改をあわせたような靴だ。

ただでも履きやすいダナーライトのソールを張り替え、タウンユース用にカスタムしたダナーライト改

コンバースをタウン用にカスタムする コンバース・オールスター改

さらに、唯一無比でサイバーなデザインは、とても所有欲を刺激される。

しかし、日本国内では正規販売されておらず、海外モデルもほぼ完売状態であるようだ。
残念…

こちらの投稿もいかがですか

史上最軽量で旅行専用!? コンバース「CANVAS ALL STAR LIGHT」リリース!
多くの人が一度は履いたことがあるだろう、コンバースのオールスター。 キャンバススニーカーとして基本的なデザインということで、多くの...
スポンサーリンク