リリースは突然に! 新型iPad miniとiPad Air発売!!

iPad mini 5

Appleのスペシャルイベントが2019年3月25日(現地時間)ということで完全に油断していたら、本日突然iPadシリーズの新型が発表された。
「iPad Air」と「iPad mini」だ。

スポンサーリンク

iPad mini

かねてからの噂どおり新型のiPad mini、第5世代が発売される。
ネーミングはiPad mini 5ではなく、iPad miniとナンバリングはなくなった。

サイズは203.2×134.8×6.1mmと、前機iPad mini 4と変わらず。
ただし重量は300.5g(Wi-Fiモデル)と、わずかに1.7g重くなっている。
最新のiPhone Xsシリーズと同じ、A12 Bionicチップを搭載し、スペックは強化されている。

特筆すべきはApple Pencil第1世代に対応したこと(これが重くなった原因かもしれない…)。
さすがに第2世代ではないが、Crayonは使用可能だ。

【朗報】「Logicool Crayon for iPad」一般発売!【追記あり】

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。
ストレージは64GB256GBの2型。
価格は45,800円から

iPad Air

iPad Air 3

iPadの後継機という噂が主流だったが、発売されたのはiPad Airの第3世代。
こちらも “mini” と同じくナンバリングがなくなり、iPad Airという名称になった。

本体(250.6×174.1×6.1mm)やディスプレイのサイズ(10.5インチ)は、新型 “Air” というよりiPad Pro 10.5の後継機と考えた方が良さそうだ。
Apple Pencil(第1世代)やSmart Keyboardが使用できるところもiPad Pro 10.5と同じ。

ただしスペックは、新型iPad miniと同じA12 Bionicチップ搭載と強化されている。

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。
ストレージは64GB256GBの2型。
価格は54,800円から

まとめ

iPad miniはリークどおり、いやそれ以上といって良さそうだ。

問題はiPad Air。
ハイスペックのiPad Proと廉価普及版のiPadに挟まれ中途半端。
果たして、どの層のユーザーを狙っているのだろうか…
これなら噂どおり、iPadをスペックアップした方が良かったのではないかと個人的には思う。

そんなわけで僕は当初の予定どおり(?)、iPad miniを購入する方向で計画を進めたいと思う。
後はロジクールが、Crayonホルダー付きのSlim Folio for iPad miniを発売してくれるのを待つだけだ…

もう “Pro” は不要!? Apple Pencilホルダー付きiPad(第5・第6世代)用キーボードケース「ロジクール Slim Folio for iPad 」【追記あり】


こちらの投稿もいかがですか

先日リリースされた、新型iPad(第6世代)。 新型iPad(第6世代)は何が変わったのか!? 前モデルと値段据え置き、Ap...
スポンサーリンク