【速報】WWDC16発表内容

wwdc2016

スポンサーリンク

watchOS 3

  • パフォーマンスは、前OSの7倍のレスポンス。
  • iOSと同様にコントロールセンターが設置され、各種設定も容易に。
  • スクリーンに文字を書くと、自動的にテキストに変換される(漢字にも対応)。
  • 緊急時には自動的に救急連絡し、居場所を知らせ、アレルギーなどの医療情報も表示してくれる。
  • 家族や友人などと運動データを共有。
  • 車いす専用モードも導入。
  • 呼吸をサポートしてくれる、新アプリBreathe。
  • 一般リリースは今秋。

パフォーマンスの向上が、主なアップデート内容か。
一番の懸念材料である、バッテリー性能に言及されなかったなが残念。

tvOS

  • 新しいコンテンツアプリの追加。
  • iOSのリモコンアプリも一新され、Siriの利用が可能に。
  • 一般リリースは今秋。

端末の性格から、コンテンツの充実が重要なテーマだろう。
そういう意味では、少しずつ充実してきている。

macOS

  • OS XからmacOSに。
  • コードネームはSierra。
  • 新機能auto-unlockで、ユーザーが分かっている場合は自動的にログインできる。
  • iOSとmacOS間で、端末を跨いでコピー・カット&ペーストができるUniversal Clipboard。
  • Apple PayがMacでも利用可能に。
  • macでもSiriが利用可能に。
  • 一般リリースは今秋。

予想どおりのネーミングの変更(回帰?)。
Appleユーザーにはうれしい、iOS端末とのシームレスな使用の強化。

iOS 10

  • ロック画面から、あらゆる情報にアクセスが可能。
  • ロック画面でもホーム画面でも、活用が広がる3D Touch。
  • Siriが開発者に公開され、サードパーティ製アプリでも利用可能に。
  • 知能が向上し、ほとんどのアプリの操作をSeriがサポートしてくれる。
  • ディープラーニングを使って顔認識だけでなく、ロケーションなども認識し、自動整理してくれるPhotosアプリ。
  • 開発者に公開されることで、サードパーティ製アプリともシームレスで利用可能になる、アップデートされた地図アプリ。
  • 歌詞の表示など機能が強化され、デザインも一新されたミュージックアプリ。
  • NewsアプリとHomeKitの機能拡張。
  • 迷惑電話対策など、電話アプリの強化。
  • 動画の再生や、手描きの文字も送信できるメッセージアプリ。
  • 一般リリースは今秋。

Siriやディフォルトアプリの開発者への公開で、サードパーティ製アプリともシームレスで利用可能になる。
さらにAI化されるSiriの機能・性能強化に重点が置かれている。

まとめ

予想どおり新型ハードの発表はなく、OSのみの発表だった。
過去にiPhoneやMacなどの新機種が発表されたことがあるため、どうしても期待してしまうのだけど、WWDCはWorldwide Developers Conference、世界開発者会議という意味なので、これが本来の姿だ。

そういう意味では順当な内容といって良いだろう。
個人的には、iOSとmacOSのシームレス強化がうれしい。

スポンサーリンク