お気に入りのニュースサイトを登録できる! リニューアルされた「Googleニュース」の使い方


先日開催されたGoogleの開発者向けカンファレンス、Google I/Oで発表されたニュースアプリ「Google ニュース」が、早くも日本でリリースされた。

「Google ニュース」は、「グノシー」や「SmartNews」などのニュースアプリと同じく、様々なニュースサイトから情報を集めてくる “ニュースキュレーションサービス” 。
自分が知りたいニュースサイトを登録できるのが特徴だ。

スポンサーリンク

Googleニュース

インストールし起動すると、すぐにニュースを収集する。

[使ってみる]をタップすると、

すぐに使える。

好みのニュースサイトを登録する

「Google ニュース」の特徴は、自分がふだん見ているニュースサイトを登録し、閲覧できること。

①[お気に入り]タブを選択し、② ニュース提供元の[+]をタップ。

ニュースサイト一覧が表示されるが、その中に自分が登録したいサイトがない場合は、検索欄にサイト名を入力する。

我らが「GIGAZINE(ギガジン)」を検索してみると、登録できるようなので、右端の[☆]をタップ。

登録できた。

削除したい時は、登録したサイトアイコンの右上にある[・・・]をタップし、[このニュース情報元のフォローを解除]を選択する。

[おすすめ]に、GIGAZINEの記事が表示されている。

選択するとGIGAZINEのサイトで記事を見ることができた。

まとめ


僕は、とりあえず「GIGAZINE」と「ギズモード・ジャパン」「ITmedia NEWS」を登録した。
必要があれば他のニュースサイトも登録したいと思う。

さらに「Google ニュース」は、AIがユーザーが興味がありそうなニュースをピックアップしてくれるという。
膨大なインターネット上の情報を持つ、Googleならではのサービス(?)といって良いだろう。

ユーザー自身のカスタマイズと、Googleの情報網。
最終的にどんなニュース内容になるのか、楽しもでもあり怖くもある。
インターネットを使っている限り、僕たちはGoogleの監視下から逃れることはできないのかもしれない…

Google ニュース – Google, Inc.

Google ニュース Google LLC


こちらの投稿もいかがですか

AIが何の画像か教えてくれる!?「Google Lens(グーグル レンズ)」の使い方
2017年5月に開催されたGoogle I/Oで発表されたGoogle Lens。 カメラで撮影された被写体をAIが判断し、それが何かを教...
スポンサーリンク