ホリエモン本を2冊も読んでしまう…「スマホ人生戦略」と「東京改造計画」


僕はホリエモンこと堀江貴文氏の信者でもないしアンチでもない。
堀江氏の著書は「多動力」一冊しか読んだことがなかった。

実は堀江貴文氏の本を読むのは、これが初めてだ。 アンチホリエモン、というわけではない。 YouTubeの「ホリエモンチャンネル」は、...

読んだ理由はただひとつ、同時期に出版された同じ “多動” を使った高城剛氏の「多動日記」と読み比べてみたかったからだ。

2017年6月2日、高城剛氏の新刊「多動日記(一)」がリリースされた。 サブタイトルは「『健康と平和』:欧州編」。 「多動日記(...

だからもう読むことがないだろうなと思っていた堀江氏の新刊を、ここにきて2冊も読んでしまった。
「スマホ人生戦略」と「東京改造計画」だ。

スポンサーリンク

スマホ人生戦略 お金・教養・フォロワー35の行動スキル


堀江氏がスマートフォンだけで(PCなどを使わず)仕事をしていることは有名だ。
果たしてどういう使い方をしているのだろうという興味が、この本を読んだきっかけだ。

結果的には、特別な使い方をしているわけではないことが分かった。
特殊なスマートフォンを使っているわけでも、珍しいアプリを使っているわけでもない。
しかしそれは、この本の冒頭で。

僕だけの「特別なスマホの使い方」なんてひとつもない。ほとんどあなたと変わらないはずだ。

と書かれている。

使っているスマホはiPhone、アプリもLINEやTwitter、Facebook、ニュースはNewsPicksやGunosyを使っているという。
僕たちとまったく変わらない。

では堀江氏は、この本で何をいっているのか。
それはスマホを使い尽くせ、ということだ。

スマホを駆使すれば、通勤の満員電車からもムダな残業からも、あらゆる旧時代の理不尽な束縛、非合理性から開放される。
必要な教養も有益な人間関係も、収入さえもスマホ一台から得ることができるという。

僕自身もiPhone 3Gからスマホを使っているが、正直なところ十分に使い尽くしているとはいい難い。
今一度スマホの使い方を見直したいと思わせる一冊だった。


東京改造計画


2020年7月に行われる東京都知事選を前に、堀江氏が東京都に提言する37項目。
Amazonなどの書籍紹介で、この項目自体はすべて読むことができる。

中には “切符も改札機もなくす” や “大麻解禁” など、実現性の低そうなものもあるが、個人的には概ね賛同できる。
というより東京都に限らず、僕が住む大阪を含め、多くの地方都市も参考にできそうだ。
理想の未来都市、スマートシティの雛形だといって良いだろう。

今まで読んだホリエモン本2冊とは、一線を画する内容になっている(とはいえ、相変わらずのホリエモン節なのだが…)。

この本をこのタイミングで出版したせいで、堀江氏が都知事選に出馬するのではないかといわれている。
某政党が “ホリエモン新党” を起ち上げたのも、その噂を後押ししている。
そういわれれば、この本の内容は都知事候補のマニフェストに見えなくもない。

堀江氏には熱狂的な信者も多いが、強固なアンチも少なくない。
浮動票を取り込めるほど、一般的な好感度が高いわけでもない。
出馬しても当選は難しいのではないか。
当選すれば面白いことになりそうだけど…


まとめ

ホリエモン本の良いところは、読み終わるのに時間がかからないというところだ。
二冊合わせても2〜3時間で読了することができるだろう。

中身が薄いというのではない。
それくらい読みやすく、分かりやすく書かれているからだ。
ムダに読むのに時間がかかるビジネス本や自己啓発本より、よほど効率が良い。

それにしても堀江貴文氏。
本を読むと極めて常識人に感じるのだけど、メディアではとてもエキセントリックに見える。
本は自分で書いているのではないからなのか?…


こちらの投稿もいかがですか

ホリエモンこと堀江貴文氏といえば、元ライブドア社長だ。 全盛期は時代の寵児と呼ばれ、放送局やプロ野球球団の買収などを画策し、世間を騒が...
スポンサーリンク