新しいユニクロのエアリズムマスクは、どこが変わったか!?


発売当初は購入者が殺到して、購入制限されるくらいに人気商品だったユニクロのエアリズムマスク。
オンラインストアでも、長らく欠品状態だった。
先日からようやく購入制限もとれ(といっても、ひとり10点までだが…)、一般に買いやすくなった。

やっと買えた! ユニクロのエアリズムマスク

と思ったら、しれっとリニューアルされていて、新色まで発売されている。
さっそく新色のグレーを購入してみた。

スポンサーリンク

ユニクロ〈NEW〉エアリズムマスク

基本シルエットは、以前のものと同じ。

3層構造も以前と変わらないが、素材が違う。
本体部分はナイロン90%・ポリウレタン10%で、ひも部分はポリエステル75%・ポリウレタン13%・キュプラ12%
内部のフィルター部分はポリプロピレン100%と変わらず。

フィルターで細菌や花粉などの粒子を99%カットする機能は変わらないが、表面と裏面の素材を変更することで装着感をアップデートした。

表面のメッシュ素材も少し違って見える。

裏面も表面と同じ素材のメッシュ生地。

しかもAIRismのロゴの横にサイズ表記が。
これで複数サイズを使っている家庭でも、洗濯後に困ることがなくなるぞ。

耳にかけるひも部分は、これまでと同じエアリズム素材…

伸縮性が、あまりないのも変わらずだ…

サイズが若干違う!?

前モデルとの比較。
上が前モデル、下が現行モデルだ。

素材が違うせいか、前モデルのほうが少し大きく見える。

重ねてみると、前モデルの方が若干大きいような…

商品概要には “フィット感を微調整し、より快適な付け心地にアップデート。” とあるので、サイズ感を少し変えているのかもしれない…
前モデルはMでジャストサイズだったので、今回も同じサイズを購入したのだが失敗だったのか…

と思ったが、今回もギリギリセーフだったようだ。
相変わらずフィット感が微妙なのだが、とりあえず前のサイズでいけるのかもしれない…

まとめ

ユニクロの良いところは、ユーザーの意見をすばやく取り入れるところだ。

生地感が変わったことで、前モデルより装着感が軽い。
通気性を向上したそうだが、その効果が実感できる。
ロゴマークの横に、サイズ表記したところも好感が持てる。

これだけの改良を加えながら、価格は据え置きの、3枚組で990円(税別)。
今後もユニクロから目が離せなくなりそうだ。


こちらの投稿もいかがですか

主にマスクはユニクロのエアリズムマスクを使っている。 ▷ やっと買えた! ユニクロのエアリズムマスク 洗濯機で洗えるからだ。...
スポンサーリンク