モビロンバンドは欲しいけど量が多すぎ! という人は「N’s Band」を買おう

モビロンバンド
高城剛氏が著書「LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵」で紹介していたモビロンバンド。

天然ゴム製の輪ゴムと違い、ポリウレタン製なので薄くて丈夫で、あの独特なゴム臭さもない。
劣化もしにくいので、長期に渡って使用しても輪ゴムのように張り付いてしまうこともない。

良いことばかりのモビロンバンドではあるが、唯一の欠点がワンパックの量が多いこと。
日清紡のモビロンバンドは、一袋で約1135本入り(!)。
もしかしたら一生かけても使い切れないかもしれない…

1000本以上も必要ない、という人は「N’s Band」を購入してみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク

N’s Band

モビロンバンド
N’s Bandはモビロンバンドと同じ、ポリウレタン製の輪ゴム(?)。
“モビロンバンド” という名称は、日清紡の製品以外では使われていないようだ。
正式名称は “ポリウレタンエラストマー輪状バンド” というらしい(LIFE PACKING2.1より)。

N’s Bandは、一袋で約10g、120〜150本程度のモビロンバンド(?)が入っている。
Amazonでは二袋セットになっているから、合わせて250〜300本くらいなので手頃な本数だ。

直径は30mm強で、幅は約2mm。
モビロンバンド
通常の輪ゴム程度の大きさなので、使い勝手も良さそうなサイズ。

また、N’s Bandの特徴のひとつが、カラーバリエーションが豊富なこと。
定番の(?)クリアやブラックのほか、ブルーやレッド、イエローなどのカラフルなカラーや、複数色のセットもある。
目的に応じて選べるのもうれしい。

まとめ

価格は日清紡のモビロンバンドの約半額ではあるが、本数は約1/4。
一本あたりの価格は、日清紡のモビロンバンドの約2倍になるので、コストパフォーマンスは良くない。

複数人で共同購入できるなら日清紡のモビロンバンド、単独でムダなく購入するならN’s Band、といったところだろうか。
もちろん、ひとりで1000本使う予定があるなら、日清紡のモビロンバンドを購入するべきだ。

スポンサーリンク