コストパフォーマンスと大きな変化!? ユニクロ新バッグ発表!

昨年末に久々にリリースされたユニクロのバッグシリーズ。

ユニクロから久々にリリースされたバッグたちが良さげ、なんだけど…

その後もポケッタブルバッグやトートバッグ+Eなどが継続してリリースされていて、好評なようで完売状態になっているモデルもある。

そんなユニクロのバッグシリーズに新モデルが発表された。

スポンサーリンク

スポーツバッグパック+


http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/umbrella/men/


これまでリリースされていたバックパックと比べ、その名のとおりアウトドア(スポーツ)っぽいデザインになっている。
チェストストラップまで付いていて、素材はコーデュラポリエステルの本格的な仕様だ。
しかもよく見ると黒一色ではなく、明暗で迷彩柄になっている。

大きさは25L前後に見えるので、ふだん使いはもちろん、一泊程度の旅行や出張にも使えそうだ。
価格は3,990円(税抜)。

スポーツボストンバッグ+


http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/umbrella/men/

光沢がある合成皮革なので、ユニクロスポーツの定番(?)テニスバッグに近い素材かもしれない。
手持ちとショルダー2WAYになっていて、ショルダーストラップには肩当てもついている。
現時点では大きさが分からないが、ショルダーストラップの幅との比較から、A4サイズの書類が入りそうなサイズに見える。

通勤や通学にも使えそうだ。
価格は3,990円(税抜)。

スポーツトートバック+


http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/umbrella/men/


やや大きめのトートバッグ。
素材はスポーツバッグパック+と同じコーデュラポリエステルで、オープンタイプではなくジッパー付きのフタがある。
持ち手も長めなので、肩に掛けることもできる。

デザインもスポーツバッグパック+と同じく迷彩柄になっているので、ヘビーデューティーなファッションに合いそうだ。
価格は3,990円(税抜)。

バックパック


http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/umbrella/men/

素材・デザイン・大きさ・ディテール・価格…
どれをとっても以前から発売されているバックパックと同じに見える。
しかしよく見ると、あの悪名高き(?)リフレクターのロゴ、ユニクロマークが消えている!?
ユーザーの意見を取り入れて、ロゴを消して再販したということか。

しかしそうなる、売り切れしだい市場から消えることになるであろう、ロゴ入りモデルに価値を見出してしまうのは僕だけか。
ロゴ入りモデルは現在も発売中だ。
気になる人は急いだほうが良いだろう…

まとめ

どれも素材と価格、発売予定日(2017年8月下旬)が発表されただけなので詳細は分からない。
細部のディテールは変更される可能性もある(ユニクロマークも!?)。
しかし相変わらずの高コストパフォーマンスと、ユニクロクオリティーは期待できそうだ。


こちらの投稿もいかがですか

レビュー! ユニクロのバックパックは予想以上のものだった!!【追記あり】
少し前から、このブログの “人気の投稿” の1位がユニクロバッグの投稿になっている。 調べてみると、「ユニクロ/3WAYバッグ」「ユニクロ...
スポンサーリンク