EDC 2018 Spring【手ぶら編】


恒例の(?)EDC(Every Day Carry/毎日の持ち物)。
一部アップデートされたので記録しておこう。

スポンサーリンク

Every Day Carry 2018 春

① バンダナ


有名手ぬぐいブランド、かまわぬのバンダナ。

ふつうのバンダナより厚みがあるので、肌触りが良い。
よく水分を吸い取ってくれるのに、洗濯後の乾燥が早い。
何回も洗濯を繰り返しているが、若干色が薄くなったものの、生地自体にヘタリは感じられない。
さすがの日本製だ。

販売終了されているのが残念…

② iPhone 7


説明の必要がない、生活の必需品。
というより、身体の一部といっても良いぐらいだ。

現在では電話やメールなどの携帯電話機能より、Apple Payでのサイフ機能の方がメインになりつつある。

③ リサイクルウォレット


高城式カードケースに代わって、試験的に使っているハンドメイドのリサイクルウォレット。

ユニクロのバックパックで、リサイクルウォレットを自作する!

収納しているのは、PiTaPa(交通系ICカード)とクレジットカード、身分証明書としての運転免許証のカード類3枚。
それに千円札を2枚だ。

ふだんの生活は、これで十分なはずだ。

④ キーリング


「VICTORINOX ジェットセッター」を携帯ツールとして使っていたのだが、数週間で「NITE-IZE DoohicKey」に戻した。

僕が携帯ツールを「VICTORINOX ジェットセッター」に戻した、たった一つの理由

ナイフブレードはないので銃刀法に問われることはないが、ハサミを搭載していることで軽犯罪法に抵触する可能性が高いからだ。
一方でNITE-IZE DoohicKeyは、空港のセキュリティをパスすることができるという。

確かにいかにもナイフなVICTORINOXのデザインは、相手に警戒心を与える可能性がある。
安全性を考えると、NITE-IZE DoohicKeyの方が良さそうだ。

まとめ

今回の大きなアップデートは、約5年使ってきた高城式カードケースをリサイクルウォレットに変更してきたこと。
まだ数日しか使っていないが、現時点では不都合はない。
手書きのメモがなくなったが、iPhoneのメモアプリを音声入力で使うことにする。

ただし旅行・出張(特に海外)では、意外と手書きのメモが活躍する場が多いので、高城式カードケースと併用することになりそうだ。


こちらの投稿もいかがですか

EDC 2017 Summer【手ぶら編】
先日から現金を持たない生活を試験運用(?)している。 外出時の持ち物を少なくしたい! サイフを持たない生活は可能か!? 今の...
スポンサーリンク