セキュリティレベルが高いファイル共有サービス「Firefox Send」の使い方

Quantumになり高速化されたFirefox。
アドオンも少しづつ対応されてきているので、僕もそろそろ完全移行しようかと考えている。

そんなFirefoxを開発しているMozillaの、“Firefox Test Pilot” でテスト中の無料で使えるファイル共有サービスがある。
「Firefox Send」だ。

「Firefox Quantum」と「Firefox ESR」 2匹の火狐を使い分ける!

スポンサーリンク

Firefox Sendの使い方


使い方は簡単。
Firefox Sendにアクセスし、[アップロードするファイルを選択する]だけだ。

このページにアップロードしたいファイルを、ドラッグ・アンド・ドロップしても良い。

ファイルを選択すると、すぐにアップロードが始まる。

アップロードが完了すればURLが表示されるので、これをコピーし、メールなどに貼り付けて共有したい相手に送信するだけだ。

ただし注意書きにもあるように、24時間以内にダウンロードすることと、ダウンロードは1度のみ有効だ。

ダウンロードはブラウザで行う。
先ほどのURLでアクセスすると、ダウンロードページが開くので、[ダウンロード]をクリック。

すぐにダウンロードされる。

ダウンロードした後、もう一度URLにアクセスしてみると、リンク切れになっている。

ダウンロードは1度きり、というのは真実のようだ。

ファイルにパスワードを設定する

ファイルにパスワードを付けて共有することもできる。
[このファイルをダウンロードするにはパスワードが必要です]にチェックを入れると、パスワードを設定できる。

パスワードが設定されたダウンロードページを開くと、パスワードを要求される。

設定されたパスワードを入力し、[ロック解除]をクリックすると、

ダウンロードが可能になる。

Firefox Sendの優れた点

セキュリティ性能が高い

使い方でも述べたように、Firefox Sendでファイルをダウンロードできるのは、アップロードから24時間以内で1度きりだ。
それ以降はサーバから削除されてしまう。
さらにダウンロードにパスワードも設定できる。
ダウンロードページのURLとパスワードを別に連絡すれば、第三者に盗まれる危険性も少なくなる。

また、アップロードしたファイルは暗号化されているので、サーバを管理しているMozilla自身も内容を見ることができないという。

1GBまでのファイルをアップロード可能

Firefox Sendは最大1GBという、大きなファイルもアップロードし共有することが可能だ。

メールなどは添付できるファイルの最大容量に限界がある(Gメールで50MB)。
容量が大きいファイルを共有したい時に、Firefox Sendは有効だ。

ブラウザを選ばない

Mozillaのサービスにも関わらず、Firefox Sendはダウンロードはもちろん、アップロードもFirefoxである必要がない。
上記のウェブサイトにアクセスすれば、Chromeなど他のブラウザでも利用することができる(一部利用できないブラウザもあるようだ…)。

まとめ

Firefox Sendは特殊なアドオンも必要とせず、シンプルなウェブサービスとして利用することができる。
Firefox Test Pilotということで実験中、いわばβ版的なサービスではあるが、僕が試した範囲ではふつうに使える。
セキュリティ性能も高く、大きなファイルを扱うことも可能だ。

そしてなにより、Firefox以外でも利用可能という太っ腹さだ。
これだから火狐使いはやめられない。

スポンサーリンク