無印良品の「肩の負担を軽くする撥水リュックサック」購入!

僕はこれまでユニクロのバックパックを使ってきた。

レビュー! ユニクロのバックパックは予想以上のものだった!!【追記あり】

なかなか優秀なバックパックなので、特に不満はない。
とはいえ、3年使うとくたびれてきたし、少々飽きてきた。

そこで新しいバックパックを買うことにした。
無印良品の「肩の負担を軽くする撥水リュックサック」だ。

スポンサーリンク

無印良品 肩の負担を軽くする撥水リュックサック

ジッパーで保護されたコンパートメントは3つ。

まずはメインコンパートメント。
中にはPCポケットが2つあり、1つはメッシュになっている。

PCとタブレットを分けて持ち運ぶことができる。
もちろん、片方を書類入れにしてもOKだ。

サブコンパートメント。

ポケット型で外部に出っ張り、マチがあるため意外と容量がある。

最後は背中部分に、隠しポケット。

これは内部でPCポケットの外側の部分と繋がっている。
これは好みが分かれるところだ。
個人的には繋がってない方が良いのではないだろうか…

他に、左右にポケットがある。

これは水筒やペットボトル、折り畳み傘などを入れるのにちょうど良い。

そしてこれが語源にもなっている、肩の負担を軽くするショルダーパッド。

左右のショルダーパッドの、それぞれ外側のパッドをを内側に比べやや厚くすることで、肩に均等に負荷がかかり軽く感じるという。
実際背負ってみた感じは…
よく分からなかったが、そういわれればそうかなといった感じだ…

背中部分には、キャリーバッグに連結できるベルトが。

これは僕にとっては必要なさそうか…

ジッパーはすべて、信頼と実績のYKK製。

容量は19.0Lで、耐負荷は約20kgなので、ふだん使いには十分。
価格は2,990円(税込)だ。

いつものようにカスタムする

さっそく、いつものようにカスタムしよう。

まずはジッパー部分についている持ち手を切り取り、いつものジッパータブに。

サブコンパートメントのジッパータブは、いつものABITAX。

本体の持ち手には、ソロ・ツーリストのメッシュグリップ。

背面のジッパーは、隠しポケットということでジッパータブはなしで…

まとめ


サイズ・デザインともに、極めてオーソドックスなバックパック。
その中に、様々な工夫がなされている。
さすがの無印良品だ。


こちらの投稿もいかがですか

悪い風邪が流行っていて外出できないため、部屋の片付けが捗る。 煩雑になりがちな通帳やカード類を整理するため、以前から気になっていた無印...
スポンサーリンク