「Recycled Firefighter The Rookie Wallet」はミニマリストのサイフ!?【追記あり】

人の持ち物が気になる僕が、よく見るサイトのひとつにEveryday Carryがある。

Everyday Carry – What are your EDC essentials?

ギアマニア必見のサイトなので、ご覧になっている人も多いだろう。

そのEveryday Carryで、たびたび見かけるサイフ(カードケース?)がある。
日本ではあまり見ないサイフなので調べてみた。
「Recycled Firefighter The Rookie Wallet」だ。

スポンサーリンク

Recycled Firefighter The Rookie Wallet

ネーミング(ブランド名?)からも分かるように、廃棄された消防ホースをリサイクルして造られているようだ。
したがって様々なカラーと、文字がプリントされているものなど一点一点微妙に個性があり、このあたりも楽しい。

造りはシンプルで、表(?)には斜めにカットされたカードホルダーがあり、裏にはゴムベルトが縫い付けられていて紙幣を留めるマネークリップになっている。
説明によると、カードホルダーには4〜8枚のカードが収められるとされ、倍の誤差があるところもおおらか(適当?)で米国製らしい。

縫製には破壊強度15ポンドのT-90ナイロン糸を、縁取り素材は1インチMil規格ナイロンバインディングを使用しているという。
ミニマルなうえに、消防ホースとMil規格素材を使用していると、いかにもマニア受けしそうなサイフだ。

カタログによると、大きさは100×66mmとなっているが、上記の理由から個体による誤差は小さくないかもしれない。

他にも、収納力がある二つ折りタイプもあるようだ。

まとめ


色合いがポップでカワイイ。
デザインもシンプルでミニマル。
カード類2〜3枚と、最低限の紙幣を持ち歩くには最適だ。
ふだんの外出には、これとiPhoneだけで十分だろう。

いかにもアメリカ人が好みそうなサイフだ。

【追記】

自作してみた。

ユニクロのバックパックで、リサイクルウォレットを自作する!


こちらの投稿もいかがですか

軽量・コンパクトで四角大輔氏も愛用の、バタフライウォレットを試す
サイフはここしばらくは、“地球の歩き方オリジナル トラベルスマートウォレット”を使っていた。 地球の歩き方オリジナル トラベルスマ...
スポンサーリンク