フーディー探しの旅は終わらない!? 「ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ(長袖)」

ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ

僕の長いフーディー探しの旅(?)も、結局スタンダードでオーソドックスなスウェットパーカー、United Athle 12.0オンス フルジップスウェットパーカ」で、いったん落ち着いた。

フーディーはハッカーのユニホーム!? 「United Athle 12.0オンス フルジップスウェットパーカ」

しかし、またしても気になるフーディーが、我らがユニクロからリリースされた。
「ドライストレッチフルジップパーカ(長袖)」だ。

スポンサーリンク

ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ(長袖)

ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/408988-03

全体の雰囲気は、以前このブログでも紹介し、僕も購入した無印良品の綿混二重編み撥水パーカーによく似ている。

バートン スリーパーフーディー後継着探しの旅も終了!? 無印良品「綿混二重編み撥水パーカー」購入!

胸のジッパーポケットは、これも購入したBASE CONTROLのダンボールZIPパーカーにも近い。

バートン スリーパーフーディーの後継着!? BASE CONTROLのダンボールZIPパーカーを購入

このテのフーディーは、最終的に似たようなデザインになるということか。

本体には、動きやすく汗なども乾きやすい、その名のとおりドライストレッチ素材が使われている。
バートン スリーパーフーディーや無印良品の綿混二重編み撥水パーカーのように旅行目的ではなく、スポーツ用に作られているようだ。

胸のジッパーポケットは内部にコード用の穴があり、首元内側のループを介して、フード内でイヤホンを使用できる仕組みになっている。
このあたりも、競技前に好みの音楽を聴いて集中できる、アスリート仕様に準じているようだ。

左右のハンドポケットにもジッパーが付いているので、中にモノを入れても落とす心配がない。

カラーは、WHITE・GRAY・DARK GRAY・BLACK・NAVYの5色。
価格は3,990円(税別)。

まとめ

スポーツ用とはいえ、ふだん着としても十分使えそうだ。
立て襟タイプのフーディーなのでインナーというよりはアウター、秋口の羽織ものとして最適だろう。

バートン スリーパーフーディーや無印良品の綿混二重編み撥水パーカーのように、アイマスクやサムホールなど旅行用に特化した機能はない。
しかし、胸のジッパーポケットやイヤホンコード用の穴など、旅行時に役立ちそうな機能もある。
むしろ余計な(?)機能がないぶん、「ユニクロ ドライストレッチフルジップパーカ(長袖)」の方が、ふつうに旅行用として使いやすいかもしれない。
個人的には、今流行りの(?)止水ジッパーが使われていないところが良い。

価格も手頃だし、僕も購入してしまう可能性もなくはない。
フーディー探しの旅は、まだまだ続きそうだ…


こちらの投稿もいかがですか

バートン スリーパーフーディーの後継着本命はこっちだったのか!? 「adidas Z.N.E. トラベルフーディー」
先日購入したバートン スリーパーフーディーの後継着「BASE CONTROL ダンボールZIPパーカー」。 サイバーなデザインで、とて...
スポンサーリンク