さようならAirMac Express! そして今までありがとう…

AirMacExpress
僕の自宅のWi-Fiは、AirMac Expressを使っている。
Macはもちろん、iPadやiPhoneも自宅ではAirMac ExpressでWi-Fiにつないでデータ通信量を節約している。

このAirMac Expressが1年ほど前から、月に数回くらい回線が切れるようになった。
電源を入れ直せばつながるので、だましだまし使っていたんだけど、1ヶ月ほど前から切れる回数が増えてきた。

まぁ、10年くらい使っているので、そろそろ寿命なのかも知れない…

スポンサーリンク

AirMac Express (第1世代)

外部接続端子は左から、LANポートUSBポートアナログ/光オーディオ・ミニジャックだ(一番右はリセットスイッチ)。
AirMacExpress_b
USBポートは接続することにより、プリンターをWi-Fiで使えるという、当時としては画期的なものだった(僕は使ってなかったけど…)。

アナログ/光オーディオ・ミニジャックは“with Air Tunes”とも呼ばれるように、MacからiTunesを使って接続したスピーカーに楽曲を飛ばすことができる(僕は使ってなかったけど…)。

Wi-Fiルーターとしての使い方は簡単。
LANポートに回線をつなぎ…
AirMacExpress_c
AirMac Expressをコンセントに差しこむだけだ。
AirMacExpress_a
コンセントコードなどがないので、ケーブル類がシンプルになってイイ。

また、このコンセントプラグはMacのACアダプターや、iPadのUSB電源アダプタのものと同型なので、Macに付属の電源コードも使うことも可能だ。

AirMac Expressの思い出

AirMac Expressは自宅ではもちろん、出張などにも持っていった。

当時、ビジネスホテルの各部屋に、ようやくLANケーブルが配置されだした頃で、まだフリーのWi-Fiサービスなどはほとんどなかった。
そんな時、これを持って行くだけで、簡単にWi-Fi環境を整えることができ、インターネットを楽しめた。
電源コードなどが必要なく、コイツを一個そのままボストンバッグに放りこむだけだったから、ホントに便利だった。

最近はもっと小型のものが発売されていたり、何よりもWi-Fiが使えるビジネスホテルが増えてきたから、必要なくなってきたけどね…
https://re-cyberrat.info/business_trip_gadget

まとめ

その当時は最先端ともいえた機能性はもとより、コイツの魅力は何といってもデザインセンスだ。
Wi-Fiルーターまで、こんなにオシャレでカワイイデザインにしてしまうのは、さすがにAppleだね。

ふだん自室のコンセントに挿しっぱなしで、不具合の時に抜き差しするくらいだったコイツを手にして眺めて、改めてそのデザインセンスに感心する。
できればもっと使っていたいんだけど、頻繁に通信が切れるようになると困る。

思い出してみれば、コイツは某大手家電量販店のポイントで購入した。
0円で手に入れて、10年使えれば充分か…

ということで、買い替えることにしました!


こちらの投稿もいかがですか
https://re-cyberrat.info/airmacextreme

スポンサーリンク