「アトリックス ハンドミルク」はキーボード使いに最適のハンドクリームだ!


年齢のせいか、冬場は手がよく乾く。
風邪やインフルエンザ、ノロウイルス予防のために、手をよく洗うせいもあるかもしれない。

甲はカサカサになり、掌からも油分がなくなる。
指先もしなやかさがなくなり、iPhoneのTouch IDが反応しなくなる時もあるくらいだ。
冬場はハンドクリームが必須になる。

スポンサーリンク

王者ニベアクリーム

ハンドクリームといえば、まず最初に思いつくのがニベアだ。
これに異論を唱える人は少ないだろう。

僕が子供の頃から(生まれる前から?)あり、子供からお年寄りまで幅広く使われている。
僕も大人のスキンケアとして愛用している。

NIVEA最強 !? 四十男のスキンケア術

ただ欠点がひとつ。
油分が多く、使った直後は特に、ベタつくところだ。
不用意にあちこち触ると、確実に指紋プリントの油跡を付けてしまう。

PC(Mac)のキーボードなどは、皮膚にしっかりと馴染み吸収されるまで、怖くてさわれない。

アトリックス ハンドミルク

アトリックス ハンドミルクは、その名のとおり “ハンドクリーム” ではなく “ハンドミルク” 、乳液だ。
クリームのような粘着性はなく、サラサラした液体で、だからポンプ容器で使える。

使い方は簡単で、洗ったあとの濡れたままの手に適量(ワンプッシュ?)を塗り伸ばし洗い流すだけだ。
その後はタオルやハンカチで、いつもどおり拭けば良い。

これで効果があるのか、と思ったら、確かにニベアを塗ったときのようなネットリ感はないが、シットリとして手を洗った後のカサカサ感はまったくない。
しかも手指に余計な油分は残らないから、すぐにキーボードを使うことも可能だ。
気になるようであれば、キーボードに直接触れる指先部分を、しっかりと拭っておけば良いだろう。

まとめ

もうひとつ、アトリックス ハンドミルクの良いところは、簡単・手軽に使えるというというところだ。

ふつうのハンドクリームのように、手を洗ったあと容器を取り出し、クリームを出し手の甲や掌に塗り広げる、という一連の作業が必要ない。
洗面所に置いておき、手を洗ったあとにワンプッシュし洗い流す、という、手洗いと同じ動作で終了してしまう。
オッサンがイジイジと、手にクリームを塗っているという、見苦しい姿(?)を晒すこともない。

洗面所にハンドソープとアトリックス ハンドミルクが、仲良く並んでいる姿も悪くない。

キーボード使いに最適なハンドクリームと断言しておこう。

スポンサーリンク