BRAUN M-90の代替品!?「パナソニック スーパーレザー メンズシェーバー ES3832P-S」購入!


長年使っているシェーバー、BRAUN M-90が限界のようだ。

今さらながらのモバイルシェイバー「BRAUN M-90」は、旅行・出張時だけでなく、ふだん使いにも最適!

網刃は一部に穴があき、そもそも網刃が本体にうまく固定されなくなった。
3年毎日使えば、こんなもんだろう。

そこで再購入しようとしたが、どこも売り切れ。
7月中旬に入荷予定となっている。
毎日の必需品なので、1ヶ月以上も待てない。

BROWNの後継機はあるが、充電式なので旅行・出張時には充電器を持ち運ぶ必要がある(せめてUSB-C充電にしてくれれば良かったのに…)。

やはり電池式が良いということで、代替品を購入することにした。
日本が誇る世界のパナソニック、スーパーレザー メンズシェーバー ES3832Pだ。

スポンサーリンク

パナソニック スーパーレザー メンズシェーバー ES3832P

いかにも日本製家電といったパッケージ(とはいえ製品はMade in China…)。

内容は、本体・清掃用ブラシ・ポーチ・マニュアル。

BRAUN M-90との比較。

ほぼ同じ大きさだが、ES3832Pの方が持ち手がやや細いか。

カタログ値では、ES3832Pが114×59×35mmで160g(電池含む)、M-90が118×57×23mmで120g(電池除く)。
単3電池が2本で約46gとすれば、ES3832Pの電池を除いた重量は114gになるので、M-90より5g強軽いことになる。

ES3832Pの良いところ

何といっても剃り味が良い。
僕はもともとヒゲが濃い方ではないが、M-90の場合は剃り終わるのに4〜5分程度。
それがES3832Pでは、1分強で剃り終わる。

新品と約3年使い込んだ違いを差し引いても、その差は大きい。
さすがの日本製だ(実際はMade in China…)。

ES3832Pの気になるところ

M-90はカバーと清掃用ブラシが、本体に組み込まれていた。
しかしES3832Pは、カバーと清掃用ブラシが別パーツ。
使うたびにカバーを取り外す必要がある。

それは目をつぶるとしても、清掃用ブラシは本体に内蔵して欲しかった。
旅行や出張に、こんな小さなブラシを持っていけば、紛失してしまう可能性が大きい。
このあたりは一考を願いたい。

まとめ


M-90の代替品ということで購入したES3832Pだが、概ね気に入っている。
何といっても剃り味が良いので、毎朝快適だ。

カバーと清掃用ブラシが別パーツなのが残念ではあるが、COVID‑19の影響で旅行や出張は大きく減った。
自宅で使うことが中心で、ごくたまに旅行や出張で使う程度なら、優秀なシェイバーだ。

スーパーレザー メンズシェーバー ES3832P-S
Panasonic


こちらの投稿もいかがですか

iPod以前は、外出時に音楽を聴くのはWALKMANタイプの、カセットポータブルプレイヤーが主流だった。 僕はパナソニックのShock...
スポンサーリンク