今さらながらのモバイルシェイバー「BRAUN M-90」は、旅行・出張時だけでなく、ふだん使いにも最適!

ブラウン モバイルメンズ電気シェーバー M-90
このブログでは、僕が愛用しているモノや新しく購入したモノのことを書いている。
これは自分自身の購入記録の意味も含まれている。
しかし書いたつもりで、振り返ってみると書いていなかったモノもある。

先日、そろそろ買い替え時期か、と思って購入した日をこのブログで調べてみると、書いていなかったことに気づいた。
BRAUN(ブラウン)のモバイル電気シェイバー「M-90」だ。

スポンサーリンク

BRAUN M-90の使い方

M-90の使い方は簡単。

本体と一体になっているカバー、ツイスト式キャップを回転させ、

中央のスイッチをスライドさせるだけだ。

ツイスト式キャップは網刃を保護しているだけでなく、安全装置の機能も備えている。
カバーした状態ではスイッチが入らないので、携帯中にバッグの中で勝手に動き出す心配がない。

BRAUN M-90のサイズは118×57×23mmで、重さは120g(乾電池除く)。
まさにモバイルサイズだ。

電池駆動!

最大の特徴は、多くの電気シェイバーが充電式のバッテリー駆動なのに対し、単3乾電池2本で使用できること。

底部を90°回転させ、

引き出すと、乾電池を入れ替えることができる。

乾電池カバーは本体とつながっているので、うっかり失くしてしまうこともない。

もちろん単3サイズの充電式バッテリー(エネループなど…)の使用も可能。
しかし僕は乾電池で使っている。

高城氏がLIFE PACKINGで書いているように、パワーを求めているわけではなく(僕のヒゲはそれほど濃くないので、特にパワーは必要ない…)、利便性を考えてのことだ。

LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵
高城剛

旅行や出張先で電力が切れたら、乾電池なら現地で調達し、旧乾電池は(現地の条例に従って)処分することができる。
繰り返し使える充電式バッテリーのように、わざわざ持ち帰る必要がない。

そういう意味でも、M-90は乾電池で使ってこそ、本来のモバイルシェイバーとしての本領を発揮するのではないだろうか。

手入れも簡単!

通常の電気シェイバーのように、網刃を外して手入れすることもできる。

網刃は “マルチパターン網刃” と呼ばれる、BRAUN独自のものになっているのが分かる。

これは “様々な方向に生える毛を捉える” と公式ウェブサイトには記載されている。
モバイルシェイバーでも手を抜かないのは、さすがBRAUNだ。

ただし交換用の刃は販売されていない。
本体自体が低価格なので、切れ味が落ちた時は本体ごと買い換えるのが正解だ。

本体底部に。手入れ用の小型ブラシが搭載されている。

キワゾリ刃搭載!

口ひげなどを整える、キワゾリ刃も搭載されている。

スライドさせ引き出すと機能する。

高城氏は、これで調髪することもあるという。
僕は使ったことがない…

水洗い可能!


本体にプリントされているように、防水機能がある。
水洗いできるので、ヒゲ剃り負けが激しい人も、電気シェイバー用のジェルを使うこともできる。

まとめ


僕がM-90を知ったのは、高城剛氏の著書「LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵」。

LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵
高城剛

モバイル用の電気シェイバーなので剃り味はそれなりだが、僕のようにヒゲが薄い人(頭髪じゃないよ…)なら、十分ふだん使いできる。
乾電池式だから充電器は必要ないし、カバーから手入れ用のブラシまで一体化されている。
長期の旅行・出張時でも荷物を減らせるだけでなく、持ち物自体を減らしたいミニマリストのふだん使いのシェイバーにも最適だ。

何よりも、黒とシルバーの色使いとシンプルなデザインは、さすがのBRAUN製。
所有欲も満足させてくれる。
ぜひ、末永く販売を続けて欲しい。


こちらの投稿もいかがですか

高城剛氏も四角大輔氏も愛用しているにも関わらず(?)、手を出していないものがあった。 iPhoneにもその機能があるので、特に必要ない...
スポンサーリンク